【2019年版】タイ輸入の商品リサーチで売れる商品を芋づる式に発見する方法

こんにちは、トーマスです!

今回はタイ輸入のリサーチ方法について解説をしていきますね!

 

実はタイ輸入のリサーチ方法は中国輸入のリサーチ方法と変わりません

しかし、タイ輸入は中国輸入と決定的に異なるので、まずはタイ輸入の特徴を抑えておかないと、いくらリサーチ方法が正しくても稼げる商品を見つけることができません。

 

というわけで、今回のタイ輸入リサーチでは、

  • まず中国輸入とタイ輸入の違いに着目しながらリサーチする考え方を説明
  • 次に実際にタイ輸入のリサーチ方法を動画で解説

と、こんな感じで解説します。

タイ輸入は情報が少なく、タイ輸入のリサーチ方法について、しっかりと書いてある発信者は少ないので、この記事があなたの参考になれば幸いです。

 

商品リサーチの前に押さえるべきタイ輸入の特徴

タイ輸入のリサーチで気を付けることは、タイ輸入の商材と特徴を把握しておくことです。

 

まず、タイ輸入では中国輸入と違って以下の強みがあります。

・革製品、シルバーアクセサリーなどのハンドメイド品が強い
・小ロットから高品質のOEM商品を作ってくれる

このため、タイ輸入ではリサーチから仕入れまでがセットになります。

 

具体的には

まずは売れている『タイ輸入品』をリサーチで見つける

発見した『タイ輸入品』を取り扱うショップ・工場をタイで見つける

もし、タイで同じ商品を見つけることができなければ、『OEM商品で作ってもらう』

 

中国輸入ビジネスは『売れている商品を中国で発見して仕入れる

タイ輸入ビジネスでは『売れている商品と同じものを作ってもらう

と、このような違いがあります。

 

そして、タイ輸入では基本的に仕入れはタイに行くことになります。

情報が出回っていない上に、現地まで仕入れに行かなければいけないので、参入障壁が高いように感じます。

とはいっても、同じ商品であればインターネットでリピート仕入れが可能で、商品一個当たりの利益額が5000円を越える商品が多いので、仕入れに行くときの行き帰りの航空券・滞在費など余裕でペイできます。

 

と、話が逸れました。

 

タイ輸入ビジネスのリサーチ方法で重要なことは、

  • 商材を絞って売れている商品を見つけること
  • 売れている商品の写真をとにかくストックしておくこと

この二点になります。

 

逆に言えば、売れている商品を見つけて、商品写真をストックしておけば、後は現地のショップを探すだけです。

 

現地のショップで商品を探すのは簡単です。

なぜなら、タイ輸入仕入れツアーがあり、タイ輸入に精通したプロが信用できる仕入れ店舗を紹介してくれるからです。

私もこれからツアーをやっていく予定なので、詳しい情報はまずはメルマガの方へ登録をしておいてください。

 

タイ輸入で売れている商品を芋づる式にリサーチする方法

タイ輸入のリサーチ方法ですが、下記のような方法でやっていきます。

  • タイ輸入品っぽい商品をキーワード検索する
  • タイ輸入品を見つけたら、そのセラーの商品をリサーチする

 

この流れになり、その具体的な方法を解説していきます。

1.タイ輸入品をキーワード検索する

タイ輸入のリサーチではオークファンプロplusを使います。

 

こちらは月額でお金がかかりますが、リサーチにかかる時間を10分の1以下に減らせるので、タイ輸入仕入れの2~3ヵ月間前に契約をして、ガッツリとリサーチをしてしまいましょう。

 

 

オークファンプロplusのトップ画面でタイ輸入品に関係するキーワードを入力してタイ輸入品を検索していきます。

タイ輸入品にかかるキーワードは以下のものがあります。

・クロコダイル

・パイソン

・レザーウォレット

・○○革(本革、牛革など)

・スティングレイなど

初めはタイ輸入品を見分けるのが難しいですが、一回、タイツアーに行けば、タイ輸入品を見分けることができるようになります。

 

ここでは『スティングレイ 財布』とキーワード検索をしました。『スティングレイ』はエイ革のことで、タイではエイ革製品が有名です。

検索結果にタイ輸入品が多くヒットしています。

 

ある程度の利益を取るために、落札価格が高い商品に限定してリサーチをかけます。

ここでは8000円以上の落札価格に絞り込みをします。

 

 

8000円以上の落札価格でも多くが残り、それらの商品もまたタイ輸入品っぽいですね。

それらの商品の中で、まさにタイ輸入品があったので、そちらのセラーの商品を調べてみます。

 

こちらのセラーの商品はほぼタイ輸入品ですね!

1円出品にもかかわらず、安定した価格で落札されているので、需要も十分です

 

ほぼすべての出品商品がタイ輸入品の商材なので、このセラーはタイ輸入セラーと考えても良いでしょう。

これで、まずはタイ輸入セラーを見つけたので、ここからはセラーリサーチに入ります。

 

タイ輸入でセラーリサーチの方法

タイ輸入セラーを見つけた後は、セラーの出品した商品を見ていきましょう

というのも、タイ輸入セラーの出品商品は、ほぼすべてがタイ輸入品の可能性が高いからです。

 

セラーの過去の落札した商品を見ていき、同じような商品があれば、そのセラーは有望なタイ輸入セラーになります。

次にそのセラーの過去の落札商品をCSVでダウンロードして参考にします。

 

CSVファイルをエクセルで開き、商品タイトルで並べ替えをします。

 

この手順で、同じ商品が繰り返し落札されていて、且つ商品の販売価格が高い商品を見つけます。

 

過去に繰り返し高値で売れている商品がわかれば、後はその商品をタイで見つけるだけなので、その商品の画像をできるだけ保存しておきます

この画像をリスト化しておき、スマホやタブレットに移しておけば、タイ仕入れの時にスムースにショップに伝えることができます。

 

ちなみに、

 

利益額は見積もれないのか?

 

という声が聞こえてきそうですが、タイ輸入は利益率が高いので、財布に関しては8000円以上で落札されている商品を仕入れれば、ほぼ利益は出ます。

バッグは体感ですが、15000円以上の商品は利益が出ています。

 

まぁ、とはいっても当たり外れがあるので、タイ輸入でタイ仕入れに行く場合は、事前にリサーチで50品以上、できれば100品は売れている商品を見つけておきたいですね。

 

『え~、100品!!!???』

 

大変に思われる方もいると思うので、その場合はツールを使えばかなり時短をすることができます

タイ輸入品で稼げる商品を一品でも見つければ、その商品を売り続けることで最低でも5万円以上は利益を得ることができます

 

このため、仕入れ前にガッツリとリサーチをして置けば、往復航空券代、滞在費、夜遊び代に加えて、ツール代もペイすることができます。

一方、ツールを使わないと、時間ばかりかかり、稼げる商品が見つからずに、結局損をすることになります。

お金を投資をすることで時間を作ることができるので、ここでしっかりと投資をしておきましょう。

 

オークファンプロPlus会員登録はこちら

 

タイ輸入で検索するキーワード集

下記に商品リサーチでタイ輸入品を見つけることができるキーワードを載せておきますね。

こちらのキーワードを組み合わせて検索することで、タイ輸入品を見つけることができます。

革製品

牛革 本革 カービング レザーウォレット バイカーズウォレット クロコダイル クロコ パイソン 蛇革 型押し 財布 バッグ アイコスケース  バッグ リュック  ベルト スティングレイ スティングレ スタースティングレイ

アクセサリー、その他

シルバー 925 Silver925 クロムハーツ タイプ クロムハーツ ⾵ ベンジャロン焼 セラドン焼き ウッド⾷器 タイ雑貨

シルバー+・・・チェーン、ピアス、ペンダント、50cm、25号、クロスタイプ、星形、スター、クロムハーツなど

 

まとめ

以上がタイ仕入れのリサーチ方法になります。

タイ仕入れのボトルネックは現地に行かなければいけないことですが、そのため参入障壁になっています。

まぁ、逆に言えば、現地で仕入れができたら、後はリピート仕入れで独占販売状態なので、この参入障壁は逆にプラスですね。

 

まだまだ、情報が出回っていないタイ輸入ですが、これからどんどんメジャーになっていくので、早めに先行者利益を取っておくのはいかがでしょうか?

 

他にもタイ輸入の記事や中国輸入のお役立ち記事を色々と載せていますので、そちらも見てみてくださいね!

それでは最後まで見ていただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください