メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

ヤフオク出品 オークファンを使った出品無料テンプレの使い方

ヤフオク出品 オークファンを使った出品無料テンプレの使い方

こんにちは、トーマスです。

 

ヤフオクで商品ページの見やすさというのも

売り上げに関係してきます。

 

商品説明が箇条書きで簡潔に書いてあるページよりも

イラストや写真が合った方が断然見やすいです。

そのようなページはついつい見てしまいますよね。

 

実は、これは『オークションテンプレート』と言い、

ウェブ上で必要な情報を入力すると、『自動的』『無料』で作ってくれます。

オークションテンプレートを使えるサイトはいくつかありますが、

今回はオークファンの無料テンプレートを使う方法を紹介します。

 

それでは1から順番に見ていきましょう。

 

↓この記事は2分20秒の動画でも解説をしています。

 

出品テンプレートを使った出品方法

まず、オークファンのページに行きます。

オークファン

 

オークファンの画面の見かた自体は下記の記事を参照ください。

ヤフオク オークファンの使い方とリサーチで見るべきポイントを解説

 

テンプレは画面上部の『オークションテンプレート』をクリックします。

テンプレートは一般会員のままで利用できます。

 

(↑クリックで拡大)

 

商品説明を入力

テンプレ作成画面で商品の情報について入力していきます。

 

(↑クリックで拡大)

 

まずは商品タイトルと、商品説明について入力しましょう。

商品説明記入欄の下にある出品カテゴリーを選択すると、

ある程度の商品説明テンプレが利用可能です。

 

(↑クリックで拡大)

 

次の自由入力欄は商品説明以外の注意事項を入れておきましょう。

ここでは発送についての注意点を書いてあります。

 

つづいて発送方法、支払い方法、その他コメントを記入します。

発送方法や支払い方法は複数チェックが可能なので、

落札者のためにできるだけ多くの方法を用意しましょう

 

マイブース設定にチェックを入れると、商品ページにバナーが設置され、

自分の出品一覧へリンクを貼ることができます。

 

発送方法がゆうパックなど発送先によって送料が変わる場合は、

次の『送料の表示』で発送元住所と発送方法、荷物サイズを記入します。

これで自動的に送料が表示されます。

 

テンプレートのデザインを選択

商品説明の入力が終わったら、テンプレデザインを選びます。

気に入らなかったら何度でも修正可能なので、色々試してみましょう。

 

(↑クリックで拡大)

 

商品写真のアップロード

最後に商品画像をアップロードします。

通常は3枚しか画像を表示できませんが、『フォトプラス』機能を使えば

最大30枚まで掲載することができます。

 

(↑クリックで拡大)

 

しかし、有料なので考えどころです。

無料で追加画像をアップロードする方法があるので、今後に紹介します。

 

これでテンプレ作成が完了です!

 

作成したテンプレのHTMLコードをヤフオクページにコピペ

すべての入力が完了したら、サンプルとHTMLコードが表示されるので、

そのHTMLコードを出品ページの商品説明に張り付ければ完成です。

 

(↑クリックで拡大)

 

 

今、作ったテンプレはこんな感じになります。

 

(↑クリックで拡大)

 

テンプレを使えば商品説明を読んでもらいやすく、落札率もアップします。

とても簡単なので、是非使ってみてください。

 

オークファンに有料会員登録は必要?

オークファンには3つの会員区分があります。

  • 一般会員:無料
  • プレミアム会員:月額513円
  • オークファンプロ会員:月額3066円

 

無料の一般会員が優秀で、これで過去3ヵ月までリサーチができて

オークションテンプレートも使えるので、これで十分かなーと思います。

ただオークファンプロ会員は、色々ツールがありますので要検討ですね。

プレミアム会員は忘れて大丈夫です。

 

ビジネス初期は一般会員で頑張ってみて、ビジネス規模に合わせて

オークファンプロにアップデートしても良いかもしれませんね。

 

 

いかがでしょうか?

 

以上がオークファンを使った無料出品テンプレートになります。

綺麗な商品ページを作成すると、明らかに落札率がアップするので

是非試してみてください。

 

オークファン以外にも無料で使えるテンプレートサイトがありますので、

その比較記事も書いていきたいと思います。

 

関連記事を再度まとめました。

ヤフオク オークファンの使い方とリサーチで見るべきポイントを解説

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

↓下記の関連記事も参考にしていただければ幸いです。

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK