メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

ヤフオク オークファンの使い方とリサーチで見るべきポイントを解説

ヤフオク オークファンの使い方とリサーチで見るべきポイントを解説

こんにちは、トーマスです。

 

今回は『オークファン』

基本的な使い方について説明をしていきます。

 

オークファンでは落札された商品の

過去の落札価格や入札件数を見ることができるので、

商品の売値や需要を見ることができます。

 

中国輸入で商品を仕入れる前に、

オークファンでリサーチをしておくと

商品の売れ行きや利益を見積もることができるので、

この記事を参考に是非使えるようになっておきましょう。

 

それでは早速見ていきましょう。

 

↓この記事は動画でも2分で解説をしています

 

商品リサーチで見るべきポイント

まず、オークファンのページに行きます。

オークファン

(↑クリックで拡大)

 

 

トップページ上部の検索バーより検索をかけていきます。

検索する時は、できるだけ商品の正式名称や型番を入力するようにしましょう。

 

オークファンはアマゾンのモノレートと違って、新品も中古品も、

検索キーワードに関係ありそうなものはすべて表示してしまうため、

なるべく絞り込むようにしましょう。

 

今回は下記の商品を検索します。
『iphone 6 容量32GB SIMフリー』

 

検索するキーワードは下記のようになります

『iphone 6 32GB sim フリー 新品』

 

下の図が検索結果ですが、ここからデータを読み取っていきます。

 

(↑クリックで拡大)

 

  1. ページ内の平均価格
  2. 落札相場の検索メニュー
  3. 期間中の落札個数/出品の個数
  4. 検索期間
  5. 落札価格、入札数、オークション終了日時の表示

①から順番に説明をしていきます。

 

ページ内の平均価格

ページ内の平均価格とは、検索結果で表示された商品の平均価格を表します。

あくまで『ページ内』の平均なので、仕入れる商品の平均価格ではないですが、

商品価格の目安になります。

 

今回の検索結果は、目的商品の平均価格となっておりますが、

実際は新品も中古も一緒に表示されることが多いため、

これは参考程度と考えてください。

 

落札相場の検索メニュー

ここでは『開催中のオークション』『落札相場』の検索結果を見ることができます。

『開催中のオークション』では、現在出品中の商品個数と入札価格を表示します。

『落札相場』は過去に落札された商品個数と落札価格になります。

 

基本的に『落札相場』を見て、仕入れる商品の過去の落札相場を調べて、

利益がいくら取れるかということをリサーチしていきます。

 

期間中の落札個数/出品中の個数

この項目では検索結果の商品個数を示しています。

例えば、上記画面の『過去30日間』『落札相場』で見た場合は、

過去30日にヤフオクで16個が落札されているということになります。

 

もし、『開催中のオークション』で表示した場合は、

現在に出品されている商品の個数になります。 

開催中のオークションでは下記になります。

  • 価格=現在出品されている価格
  • 入札=現在の入札件数
  • 残り=オークションが終了するまでの日数

 

ここで過去の商品需要と現在の供給量を見ることができますので、

仕入れ判断に生かすことができます。

基本的に過去30日間で10個以上売れて、現在の出品数が5個未満のものを

狙っていくと売れていきますね。

 

検索期間

ここでは検索期間を設定出来ます。

一般会員では過去3カ月間まで検索することができますが、

プレミアム会員は過去10年までデータをさかのぼってみることができます。

 

基本的に商品価格は右肩下がりなので過去30日間~3ヵ月を参考にしますが。

過去1年間で定期的に売れていれば、息の長い優良商品ということになります。

 

落札価格、入札数、オークション終了日時の表示

これで検索した商品の終了日時と入札数、価格を調べることが出来ます。

 

自分の仕入れる商品がヤフオクでどの程度の価格で売れるのかを調べ、

自分の設定した仕入れ条件を満たしていれば仕入れといった流れになります。
 

 

いかがでしょうか。

  

慣れればすぐに商品のリサーチがサクサク進むようになると思います。 

注意点として、オークファンは商品状態や付属品の有無で

フィルタリングできないので、リサーチする時は仕入れる商品状態に

近い結果を参考にしましょう。

  

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

↓下記の記事も参考にしていただければ幸いです

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By He Tutor

    読みやすくて、大変参考になりました。
    内容もさることながら、説明の仕方という点でも学ばせていただきます。
    ありがとうございました。

    • By Thomas55

      >He Tutor様
      コメントをありがとうございます。
      皆様にもっと役に立つ情報を発信していきますので、
      今後も見て戴ければ幸いです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK