メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

中国輸入 商品に保証を付ける3つのメリットと保証内容を解説

中国輸入 商品に保証を付ける3つのメリットと保証内容を解説

こんにちは、トーマスです。

今回は販売する商品の保証について説明をします。

 

よく、メーカーの純正品を購入すると

必ず説明書とともに保証書が同封されていますね。

 

もし、商品に何か不具合がある場合は、メーカーに商品と

保証書を送付すれば、新品に交換するサービスがありますね。

 

メーカー側も出荷商品に完全に不良をなくすということは不可能です。

もし、不良品に当たったお客さんが怒り狂って、

口コミサイトに新製品の悪口を書きまくった暁には

メーカー側の信用が傷ついてしまいます。

このため、メーカー側は信用を守るために、

保証というガードをしています。

 

このような保証サービスですが、中国輸入ビジネスでも

商品に保証を付けると色々良いことがあります

お客さんではなく、私たちのようなセラー側にです。

 

今回は保証を付けるセラーの3つのメリットを説明して、

私がヤフオク、アマゾンでつけている保証を紹介をします。

 

商品に保証をつけるメリット

商品に保証を付けると主に3つのメリットがあります。

  • 商品を簡単に差別化できる
  • 商品の信用力が増す
  • オリジナル商品にすることができる

上記についてそれぞれ説明をしていきます。

 

商品を簡単に差別化できる

商品に保証を付けることで、

ライバル達と同じ商品を簡単に差別化できます。

 

例えば、ヤフオクで同じ自転車ロックが2人のセラーに売られていて、

一方は保証なし、もう一方は保証ありだとします。

 

ここで、二人のヤフオク商品タイトルを見てみます。

・保証ありセラー:
大特価 厳重ロック ダイヤル式自転車ワイヤーロック 保証付き

・保証なしセラー:
大特価 厳重ロック ダイヤル式自転車ワイヤーロック

 

このような時、どちらの商品を見ようと思うでしょうか?

まず間違いなく保証ありの商品を見るでしょう。

これらが同じ値段であれば保証付きを購入する方が多いと思います。

仮に保証付きのほうが多少高くても、売れていくことが多いです。

 

このように、まず商品タイトルに『保証付き』と入れることで

他のセラーと同じ商品でも差別化ができます

 

中国輸入ビジネスでは販売する商品にライバルが多いので、

多くの商品の中でもあなたの商品を見てもらえるようになります。

 

商品の信用力が増す

また、商品に保証があればお客さんも安心して購入できます。

 

最近はすっかりネット通販も定着しましたが、

やはり商品が届くまでに不良があった場合にどうしよう

といった不安は感じることが多いです。

 

不安を感じると、なかなか商品購入に踏み切れないですが、

『保証付き!』という文言が入っていれば『安心』が得られますね。

 

ネット通販でアマゾンが利用されているのは、

購入から30日以内であれば返品ができる

『マーケットプレイス保証』も理由の一つです。

 

商品に何かあった時に、保証が受けられるという安心があるので

お客さんも商品を購入できます。

このため、保証を付けているあなたから購入していくことになります。

 

オリジナル商品にすることができる

アマゾンでは保証を付けることで

簡単にオリジナル商品にすることができます。

 

例えば、『90日間保証』や『180日間保証』と商品説明に書いて、

商品に保証書を同封します。

この保証書にひと手間を加えれば、

簡単にオリジナル商品として出品することができます。

この方法はメルマガ登録をしてくれた方限定でお伝えしています。

 

そのほかにもアマゾンで商品に保証書を同封して、

保証書の裏面に手書きでメッセージを書いたりすると、

購入者の約10%が商品レビューをしてくれるようになります。

 

新規出品をしたけど、レビューが集まらなくて悩んでいる方は

試してみてください。

 

保証に対する誤解

よく保証を付けると『返品・交換対応が大変ではないか』と

コンサル生から聞かれますが、そんなことはありません

 

あくまで保証対象になるのは、

何もしなくても破損したり、動作不良になった場合だけなので、

お客さんが使った結果、動作不良になった商品は対象外になります。

 

保証する大半のケースは『初期不良』と呼ばれる、

到着時にすでに傷があったり、電源がつかないといった商品になります。

初期不良は返品交換しないと、悪い評価をつけられてしまい、

セラーの信用がなくなってしまうため、すぐに対応しましょう。

 

どうしても心配な方は、商品説明に保証できるケースをしっかりと書いて、

お客さんから保証を求められた際に状況を聞いていけば、

返品・交換対応が減っていきます。

 

保証書のフォーマット

商品にどうするフォーマットはメーカーの保証書を参考にすれば大丈夫です。

私は下記のような保証書を作って同封しています。

 

このフォーマットで良ければ無料配布していますので、

下記からダウンロードをしてください。

 

実際の保証内容を紹介

私はヤフオクとアマゾンで保証付きの商品を販売しています。

それぞれにつけている保証を紹介します。

 

ヤフオクの保証

初期不良保証

ヤフオクでは到着から3日間の初期不良保証期間を設けています。

到着した商品をお客さんがチェックして問題があった場合に、

商品を無償交換をしています。

このような初期不良保証を付けることで、

お客さんが低評価をつけてこなくなります

 

商品保証期間

一部のエレクトロニクス商品は初期不良保証期間を越えてからも、

30日間~180日間の保証期間を設けています。

 

この期間中に、商品に不具合が出た場合は、

こちらに商品を返送をして貰って商品をチェックし、

商品の外装等に破損がなければ新品を交換しています。

この時の返送料はお客さん持ちになります。

 

ただ、中国輸入品といえど仕入れ元を選んで

検品体制を整えれば、このような保証はまずありません。

 

アマゾンの保証

アマゾンマーケットプレイス保証

アマゾンでは購入から30日以内であれば返品可能です。

この保証があるのでお客さんが安心して商品を購入できています。

 

セラー側もFBA出品をしていれば商品返品や返金は

アマゾンが代行するので手間がかかりません

 

お客さんが気軽に返品できるといっても、

実際の返品率は1~2%程度なので、

セラー側にもあまり気にならない程度だと思います。

 

90日間保証、180日間保証

上記のマーケットプレイス保証に加えて、

ショップ独自に90日間保証、180日間保証を設けています。

 

この保証期間中は、ヤフオクの保証のように商品をチェックして、

保証対象であれば新しい商品を発送します。

 

保証はお客さんだけでなくセラーも守る

上記が私が設定している保証になります。

中国輸入品は二重の検品体制を整えていますが、

検品漏れや日本に配送する際に商品が破損するなどで

どうしても不良品が2%程度はあります

 

この不良品に当たったお客さん達は、

商品の保証が受けられなければ商品やショップに

悪い評価をつけてきます。

悪評を付けられると、ショップ全体の売上が下がってしまうので、

保証期間対応をすることでショップ評価を守ることができます

 

検品をしっかりとすれば、初期不良保証は時々ありますが、

初期不良期間を過ぎた保証はめったにありません。

お客さん側もわざわざ、返送料を払って、

新品に交換しようとは思わないので特に問題は起きていないですね。

 

 

いかがでしょうか。

以上が商品に保証を付ける3つのメリットと保証内容の紹介になります。

保証を付けることでお客さんが安心して購入できるようになるため、

結果として売り上げが増えていきます。

 

仕入れ元をしっかりと選んで検品体制を整えれば、

不良品はめったに出ないので、『保証付き!』という差別化を

低コストでできるのでおすすめですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

↓下記の記事とメルマガも参考にしていただければ幸いです。

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK