メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

定形外郵便が送料値上げ ヤフオク発送への影響はどうなる?

定形外郵便が送料値上げ ヤフオク発送への影響はどうなる?

こんにちは、トーマスです。

今回は定形外郵便とゆうメール料金の値上げについて説明をします。

 

前回にヤマト、佐川、ゆうパックなど宅急便の値上げについてみてみると、

実質的に日本全国宅急便は大幅値上げということになりました。

ヤマト運輸が宅急便を大幅値上げ 輸入ビジネスへの影響

 

これまでコストパフォーマンスが良かったヤマト宅急便が

最低でも20%の値上げをするため、

値上げ幅の小さいゆうパックを使ったり、商品を値上げしたりと、

色々と対策を考えていかなければいけませんね。

 

 

この値上げで宅急便サイズの商品は影響をモロに受けますが、

宅急便を使うほどではない小物の発送はどうでしょうか?

 

私はヤフオクやメルカリでは、発送にクリックポストや

定形外郵便を使っていました。

特に定形外郵便は、厚さ3㎝を超える財布や時計アクセサリーなどを

全国一律料金で安く発送できるので、かなり重宝していました。

 

しかし、2017年6月から定形外郵便やゆうメールも値上げされました。

 

宅急便と同様に、定形外郵便やゆうメールの値上げ額について見ていきましょう。

値上げ額によっては、他の発送方法に切り替えた方が

良いこともあるので他の選択肢も見ていきましょう。

 

 

定形外郵便・ゆうメールの値上げ

2017年6月1日から郵便はがき・定形外郵便と

ゆうメールが値上げされました。

 

『2017年6月1日(木)から郵便はがき・定形外郵便物・ゆうメールの料金を変更させていただきました』
⇒http://www.post.japanpost.jp/service/fee_change/

 

定形外郵便の送料値上げ

これまで、定形外郵便は発送物の大きさにかかわらず、

重さによって送料が決まっていました。

 

しかし、今回の値上げにより、2つのサイズ規格を設けて、

  • 発送物の厚さ3cm以下
  • 発送物の厚さ3㎝以上

これらで異なる料金を設定しました。

より厚い、運ぶためにスペースを取る発送物は送料が大幅に高くなります。

(↑クリックで拡大)

 

はっきり言って、今回のサイズ規格新設により

定形外郵便は宅急便以上の値上げになります。

なぜなら、これまでも厚さ3㎝以下の商品は

クリックポストで追跡番号付き164円で発送できていました。

 

クリックポストが優秀なおかげで、定形外郵便は厚さ3㎝を超える

あまり重くない商品の発送に使っていました。

私はアクセサリー類の発送に定形外150g以下を使っていて、

これまでは205円で発送していました。

今回の値上げにより、定形外150g以下は290円まで値上げされます。

 

定形外送料の値上げ額

  • 定形外50g以内:120円⇒200円
  • 定形外100g以内:140円⇒220円
  • 定形外150g以内:205円⇒290円
  • 定形外250g以内:250円⇒340円
  • 定形外500g以内:400円⇒500円
  • 定形外1㎏以内:600円⇒700円

定形外郵便の値上げ額は約20%-65%で、

値上げ額は軽い発送物の方が大きいですね。

 

定形外50g以内~定形外250g以内の送料が

80円~90円も値上げされています。

メルカリではライトニングケーブルなどを、

利益200円くらいでバンバン売るという超薄利多売セラーが多くいますが、

この値上げを受けて、彼らのビジネスは苦しくなるのではないでしょうか。

(↑クリックで拡大)

 

ゆうメールの送料値上げ

ゆうメールも値上げされています。

定形外郵便と同じように厚さにより送料が変わります。
⇒http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2016/00_honsha/1222_01_02.pdf

(↑クリックで拡大)

 

ただ、ゆうメールは本やCD・DVDの発送に使えますが、

こちらは厚さが3㎝以内の商品が多いので

これまでクリックポストで発送していました。

 

ゆうメールが値上げされてもクリックポストを使っていれば、

あまり値上げの影響がないと思います。

 

定形外郵便に替わる発送方法

定形外郵便が値上げされたので、

これまで定形外より送料が高かった他の発送方法を考えても良いかもしれません。

 

値上げ以前から、クリックポストが最強すぎるので、

厚さ3㎝以下の商品はクリックポストで発送していました。

値上げの影響を受ける厚さ3㎝以上の商品の発送手段について

定形外郵便以外に見てみましょう。

 

レターパックプラス

こちらはA4サイズ以内、重さ4㎏以内の商品を、

追跡番号付きで全国一律510円で発送できます。

 

レターパックというA4サイズの専用ボックスを購入して、

その中に商品を入れて発送します。

レターパックに商品が入れば発送可能なので、厚さが3㎝を越えて、

重さが500gを越えている商品はこちらで発送した方がいいですね。

  • 定形外500g以内(追跡番号なし):500円
  • レターパック(追跡番号あり):510円

 

宅急便コンパクト

宅急便コンパクトは地域によって送料が変わりますが、

同一県内や近隣エリアであれば594円で発送できます。

しかも、集荷、3万円までの補償、追跡番号がついているので、

やはり定形外500g以内の商品はこちらが発送した方がいいですね。

 

宅急便コンパクトは事前に専用ボックスを購入して、

それに商品を入れて発送をします。

  • 薄型専用BOX:横24.8㎝×縦34㎝
  • 専用BOX:横25㎝×縦20㎝×厚さ5㎝

【メルカリ発送】らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトを解説

 

しかも、ヤマト宅急便であれば様々な割引が使えるので、

送料594円からさらに安くなりますね

 

定形外郵便に代わるものとしては

厚さが3㎝未満ならばクリックポスト

厚さが3㎝以上はレターパックか宅急便コンパクト

になります。

 

これらの発送方法を上手く組み合わせて

送料の値上げに負けないように商品を発送していきましょう。

 

 

いかがでしょうか。

今まではサイズが大きくても軽いものであれば、

定形外郵便で全国一律低料金で発送できていました。

 

今回の値上げにより、商品の重さによってはレターパックや

宅急便コンパクトを使ったほうがコストパフォーマンスが良くなります

また、これからはサイズが大きい商品は送料がかさむので、

そもそも小物類に絞って商品を仕入れてもいいかもしれませんね。

 

送料は輸入ビジネスの経費で大部分を占めますので、

発送方法を上手く組み合わせて値上げに対処をしていきましょう。

 

ここまで読んで戴きありがとうございました。

 

↓下記の記事やメルマガを参考にしていただければ幸いです。

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK