メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

ヤフオク入門 商品写真は次の3つに気を付けると高く入札したくなる

ヤフオク入門 商品写真は次の3つに気を付けると高く入札したくなる

こんにちは、トーマスです。

前回はヤフオクの出品にあると便利なアイテムについてご紹介をしました。

ヤフオク入門 ヤフオクを始める前に揃える便利アイテム5点

 

今回は商品写真の撮り方について説明します。

ヤフオクでは見やすい写真を掲載すれば入札数も多く落札価格が高くなります。

ヤフオク参加者が入札をしたくなるような写真を撮影するには、

いくつかのポイントを注意するだけで簡単に撮影できるようになります。

 

ヤフオクで稼げるかどうかは、商品写真の撮影にかかっていますので、

適切な写真をこのページを参考にしていただければ幸いです。

 

(↓この記事は約2分の動画でも解説しています)

 

ヤフオク商品ページにおける『売れる』商品写真とは?

ヤフオクの商品ページには3枚の写真が掲載できます。

この3枚で購入者の目を引く写真商品状態がわかる写真掲載します。

 

特にトップページの写真は検索結果ページやカテゴリーページで

サムネイル表示されますので、思わずその商品ページを見たくなるような

訴求力の高い写真を使いますが、この辺りはメルカリと同じですね。

 

ヤフオクで『稼げる』写真を撮るポイント

綺麗な商品写真を撮影するためには構図や機材の質も重要ですが、

基本的に抑えるポイントは以下の3つになります。

  • 全体を明るく、ピントを合わせる
  • 商品全体がわかりやすい
  • 商品の背景は無地

 

全体を明るく、ピントを合わせる

写真全体が明るく、はっきりとしたものでないと商品は売れません。

最悪なのは、薄暗い中で撮影した写真で商品にピントが合わず、

商品の状態がわかりにくくなります。

 

下の写真は左から右に行くに従い、明るい環境で撮影したものです。

(↑クリックで拡大)

 

はっきりと商品がわかる右の写真から、買いたくなりませんか?

 

また、夜に蛍光灯の明かりで撮影するか、昼間の太陽光の明るさで

撮影するかによって商品の印象も微妙に変わりますので注意です。

 

商品状態がわかりやすい

現物を実際に見ることができないネットショップでは、写真から商品状態を

判断するしかありません。

商品の全体や前後左右から撮影した写真、強調したい細部の写真を掲載し、

お客様が実際に購入した後に使用する姿をイメージできるようにしましょう。

 

特に服やバッグなどのファッション系は、実物の色や状態が重要になります。

実物と違う印象を与える写真を掲載するとトラブルにつながったり、

悪い評価をされる可能性がありますので、写真の加工はほどほどにしましょう。

 

商品の背景は無地

商品の背景は無地の壁か床にします。

特にサムネイル写真は絶対に背景に商品以外を写さないようにしましょう。

 

これは商品ページを見る人の視線を商品に集めるためであり、

背景に他のものが写っていると商品の印象が薄れてしまいます。

(↑クリックで拡大)

 

背景に物が写っていると付属品と勘違いされることもあるので注意です。

背景は無地の壁か床にして、商品が目立つようにしましょう。

 

写真撮影はスマホのカメラで十分?

ヤフオクの出品写真はスマホのカメラで十分です。

撮影時にアプリの接写モードを使えば綺麗にピントを合わせることができます。

 

1枚当たりの写真サイズは約2-3MB、JPEG形式で保存しましょう。

一眼レフカメラで商品写真を撮影した方が綺麗に撮ることができますが、

ヤフオクはサーバー負荷軽減のために画像サイズが制限されています。

このため、あまりに綺麗に撮ってもサイズが大きくなるため掲載できません。

 

加えて、実際に商品写真がオークションで表示される時には、

幅600ピクセル(縦横比が4:3)に自動縮小されてしまいます。

ほどほどに綺麗な写真で事足りますので上記の3点に気を付けて、

スマホで撮影した写真を掲載しましょう。

 

 

以上がヤフオク出品で使う写真を撮影するポイントになります。

始めは、

  • 明るい場所でピントを合わせる
  • 商品の細部がわかるよう
  • 背景に何も移さない

と、いうことを意識すれば大丈夫だと思います。 

まずは出品して、とにかく慣れていくようにしましょう。

  

次回は商品ページの説明文の書き方について記事にしますので、

そちらも参考にしていただければ幸いです。

 →ヤフオク入門 商品ページの書き方と『落札』されるためのポイント


ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

↓下記の関連記事も参考にしていただければ幸いです。

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK