メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

ヤフオク入門 ニッチな中国輸入転売は果たして稼げるのか?

ヤフオク入門 ニッチな中国輸入転売は果たして稼げるのか?

こんにちは、トーマスです。

 

今回からヤフオク登録から落札されるまでのノウハウについて説明していきます。

最初にヤフオクで出品から落札、発送までの取引の流れをご紹介します。

 

ここで取引の流れをまず掴んで、その後に多く入札される方法や高く

落札させる方法について説明していきますので、お付き合いを戴ければ幸いです。

 

↓この記事は動画でも2分30秒で説明しています。

 

結局、ヤフオクって稼げるの?大変じゃない?

論より証拠、下記画像を見てください。

(↑クリックで拡大)

 

中国輸入とヤフオクは相性が良く、安く仕入れたものがヤフオクでは

思わぬ高値で売れます。

しっかりと商品リサーチをしていけば仕入れ値の5~10倍で落札されていきます。

仕入れる商品は何でも良いのですが、意外に中国から輸入した日用品がヤフオクで

高く落札されたりします。

 

ヤフオクって大変じゃない?

『取引や発送を自動化できないんでしょ?』という方がいるかもしれません。

その質問がポイントです。

ヤフオクでもアマゾンのFBA発送のように、取引から発送まで自動化できます。

しかし、これには独自の自動化システムを構築しなければいけません。

このひと手間のおかげで、ヤフオクはアマゾンのようにライバルが血で血を

洗う戦いを繰り広げられる戦場にはなっていません。

ライバルと差別化をすればブルーオーシャンで稼ぐことができます。

 

ヤフオクに出品するために必要なもの

ヤフオクで出品するためには以下のものが必要になります。

  • 銀行口座の開設
  • クレジットカードの作成
  • Yahoo! Japan IDのアカウント登録
  • Yahoo!プレミアムのアカウント登録
  • Yahoo!プレミアム登録後の本人確認作業

 

銀行口座は売上金の受取先になりますので、ネットバンクとゆうちょ銀行の

二つの口座を開設しましょう。

クレジットカードはヤフオク!の本人確認に必要です。

 

また、仕入れ代金の支払いにも使うので、これを機に作っておきましょう。

【中国輸入】高還元率!仕入れに使うべきクレジットカードを一挙公開

【中国輸入】輸入ビジネスに役立つ銀行口座を一挙紹介!

 

出品に必要な手数料

出品に必要なYahoo!プレミアム会員は月額464円がかかります。

商品が落札した際に落札システム手数料で落札価格の8.64%が請求されます。

出品商品を注目させる各種宣伝オプションがかかります。

 

まとめると主にかかる費用は以下になります。

  • Yahoo!プレミアム会員登録費:月額462円
  • 落札システム利用料:落札金額×8.64%(例外カテゴリーあり)
  • 各種有料オプション利用料:各オプション料(任意)

 

ヤフオク取引の流れ

ヤフオクでの取引の流れは以下のような感じになります。

 

商品仕入れ

商品説明の作成・写真撮影

商品出品・オークション管理

落札

取引連絡:送付先住所・支払い方法・振込口座の連絡

入金確認

商品発送

商品受取り・評価

 

商品落札後に『取引連絡』をして、落札者と直接やり取りをします。

最近は落札者の住所が自動的に表示される『かんたん取引』があり、

落札者と直接連絡しなくても済むようになっています。

 

出品中のオークションの管理

出品中は下記のオークション管理ができます。

 

・オークションの編集:
出品後に商品説明に追記ができ、在庫切れなどの連絡に使えます。
例)レッドカラーが売り切れましたので、入札される際はご確認を御願いします。

・注目のオークション設定:
有料オプションで、商品をカテゴリ内で上位表示されるようになる。

・オークションの取り消し:
開催中のオークションを取り消すことができます。
既に入札者がいる場合は取り消し手数料540円がかかる。

 ・オークションの早期終了:
オークションを途中で終了することができる。
入札者がいる場合は、その時点の最高入札者が落札者になる。

・入札の取り消し:
評価の悪い入札者や間違った入札などを取り消すことができる。

・ブラックリストの編集:
任意の落札者をリストに登録してその落札者からの入札や質問をブロックできる。

 

上記で商品に対する質問は随時答えていきましょう。

商品に質問するということは、その商品に興味があるということなので、

迅速に回答すれば入札される可能性が高まります。 

 

 

以上がオークション取引の流れになります。

 

文にすると長く感じますが、実際に出品者側が対応するのは商品に対する

質問くらいになります。

一度商品を登録すれば、ワンクリックで再出品が可能、取引連絡もテンプレを

コピペするだけなので一瞬で済みます。

 

今後にヤフオクを自動収益化するノウハウを順次公開していきますので、

是非お読みいただければと思います。

 

次回は商品ページを作る際に最も重要な商品写真の撮り方について説明します。

→ヤフオク入門 ヤフオクを始める前に揃える便利アイテム5点

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

↓下記の関連記事も参考にしていただければ幸いです。

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK