メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

ヤフオク中国輸入 月収10万円を稼いだ具体的な商品リサーチ方法を解説

ヤフオク中国輸入 月収10万円を稼いだ具体的な商品リサーチ方法を解説

こんにちは、トーマスです。

今回は私が基本的なヤフオクリサーチ方法について説明をしていきます。

私はこのリサーチ方法を続けた結果ヤフオクだけで月収10万円に到達しました。

 

中国輸入と言えばアマゾンですが、ヤフオクやメルカリでも中国輸入品を

販売して稼ぐことができます。

 

ヤフオク中国輸入はアマゾンと違って、

  • 商品が長期的に安定して売れる
  • 商品の落札価格が安定している
  • 商品代金がすぐに振り込まれる
  • 高利益率(>30%)が見込める

という大きなメリットがあります。

 

一度、リサーチで稼げる商品を見つけてしまえば、その商品は何回も

落札されて、あなたに稼ぎをもたらす資産になっていきます。

今回はヤフオクで中国輸入品をリサーチする方法、流れについて説明していきます。

 

この記事は以下の人向けに書いてあります。

  • 初心者で中国輸入に挑戦しようとしている人
  • ヤフオクのリサーチ方法がわからなくて悩んでいる人
  • アマゾンのノーブランド販売に疲れた人

この記事を実践すれば、ヤフオクで中国輸入リサーチができるようになります。

 

少し長くなってしまいますが、写真を多く使いながら、

実際に商品例に挙げてリサーチしながら説明していきますので

最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

ヤフオクでノーブランド中国輸入品を見つけ出す

中国輸入品が多いカテゴリーは以下になります。

  • 自転車パーツ
  • 自動車パーツ
  • バイクパーツ
  • スマホアクセサリーグッズ
  • コスプレグッズ
  • ゲーム機アクセサリー
  • おもちゃ
  • バッグ
  • メンズファッション・レディースファッション
  • 財布・装飾用アクセサリー.etc

上記はほんの一例ですが、初めはこの辺りからスタートするのが良いでしょう。

ヤフオク検索で上記カテゴリーまで絞り込んでいきます。

 

今回は自転車パーツの中国輸入品をリサーチしていきます。

 

始めにヤフオク検索でカテゴリーを選びます。

検索バー右にある『このカテゴリから』とクリックすると

プルダウンメニューからカテゴリーをサーチできます。

 

今回はスポーツ・レジャーを選択して、検索ボタンをクリックします。

(↑クリックで拡大)

 

開催中のオークションの中で検索結果が表示されます。

知りたいのは落札商品なので、検索結果直下にある

『落札相場』をクリックして落札されたオークションを表示します。

 

ここからさらに画面左段の『カテゴリ』からカテゴリーを選択します。

(↑クリックで拡大)

 

ここでは『自転車、サイクリング』⇒『アクセサリー』と絞り込んでいきます。

(↑クリックで拡大)

 

ここまで絞っても、過去120日間の落札数39,803件です。

ここからさらに絞っていきます。

 

『ライト』『サイクルコンピューター』『ボトル、ボトルケージ』など

様々なアクセサリーがありますが『鍵、ロック』を選択します。

『鍵、ロック』を選んだ理由は構造が単純で小型のものが多いので、

中国から輸入するときに送料が安くて壊れにくいからです。

(↑クリックで拡大)

 

『鍵、ロック』で120日間に落札された商品は2,851件です。

ここから比較的売れている中国輸入品を探していきます

 

下にスクロールしていき、複数回落札されている商品を探します。

一回のオークションで複数個を落札されているオークションも注目します。

(↑クリックで拡大)

 

検索結果をパラパラっと見ていくと、自転車のサドルに

取り付け可能なダイヤル式チェーンロックが繰り返し落札されていて、

落札数も多いので、これに着目します。

(↑クリックで拡大)

 

この商品の商品説明と商品写真を見ていきます。

写真や説明から、商品自体にブランドを示すロゴがないこと、

メーカー品ではないことチェックします。

説明書や外箱についても見て、ノーブランド品であることを確かめていきます。

 

ノーブランド品の中国輸入品についてはこちらの記事で説明しています。

アマゾン中国輸入のためにノーブランド品を輸入するべきか?

 

チェックしてロゴや外箱がないノーブランド品であれば大丈夫です。

もし商品自体にロゴが刻印されていたり、商品タイトルや商品説明に

ブランド名や型番が書いてあったりする場合は、

そのブランドが商標登録されているかを調べます。

 

日本でブランド登録がされていない場合は、

まったく同じ商品を仕入れることができれば問題なく販売できます。

(↑クリックで拡大)

 

もし付属品で日本語のオリジナル説明書やおまけがついている場合は、

同じ商品を販売するにはそれらを用意する必要があります。

 

このチェーンロックについてチェックした結果、

ノーブランド品で説明書等の付属品もないので、

販売しても大丈夫そうです。

 

過去の落札数をチェック

ここで、このチェーンロックの過去の落札数を見ていきます。

本商品の商品タイトルは
『自転車 用 ワイヤーロック ダイヤル式 4桁 じぶんの好みの
番号に設定可能 車体に固定できる ブラケット 付き 盗難防止 ロック』です。

 

この商品タイトルから商品を絞り込めるキーワードを3つ選んで

キーワード検索をすることにより、このチェーンロックのみ

過去の落札件数に絞り込みます。

 

キーワードはその商品の特徴や性質を表す言葉を選んでいきます。

ここでは『自転車 ワイヤーロック ブラケット』と入力します。

(↑クリックで拡大)

 

過去120日間で245件の落札があることがわかります。

実際には1つのオークションで複数の落札があるために、

さらに多くの落札がありそうです。

 

本商品は1日に1個以上の落札があるため、

非常によく売れている商品であると言えます。

もし、利益が出る商品であれば仕入れることができますね。

 

商品仕入れの判断をする

基本的に商品を仕入れ基準は以下の2つになります。

  • 利益額
  • 商品の需要と供給

中国から仕入れて、日本で販売して利益が取れる商品を仕入れます。

商品の利益は以下のように計算します。

商品落札価格 – (商品仕入れ値+経費)=利益

輸入にかかる経費は下記の記事で解説しています。

タオバオ 中国輸入 商品を輸入する流れとかかる諸経費を解説

 

ヤフオクは落札価格に送料が含まれていないので。

『商品落札価格』とは落札価格と送料の合計になります。

 

例えば、このチェーンロック検索結果の上から4つ目の商品は

落札価格が710円ですが送料が600円になりますので、

合計1310円になります。

(↑クリックで拡大)

 

この1310円から商品仕入れ値と経費を引いて利益が出れば

晴れて商品を仕入れることができます。

 

中国側価格を調べて利益を見積もる

中国の仕入れ値を探す方法は下記の記事を参照にしてください。

中国輸入 商品を画像検索して中国からの仕入れ値をリサーチする方法

アマゾン中国輸入 タオバオで中国語で簡単に商品リサーチする方法

中国輸入アリババ登録方法と商品リサーチで利益1000円商品を発見

 

本商品はタオバオで13.9中国元(233円)で販売されています。

(↑クリックで拡大)

 

この商品を輸入するときにかかる経費は以下があります。

  • 商品代金:233円
  • 購入代行手数料:23円(商品価格の10%)
  • 国際送料:125円(250円/kg 商品重量500g)
  • 内国消費税+関税:35円(商品価格の15%)

商品をヤフオクで販売するときにかかる手数料は以下があります。

  • 落札手数料:61円(落札価格710円の8.64%)
  • 送料:164円(クリックポスト)

中国輸入ビジネス 関税や消費税を分かりやすく解説!

 

このため、チェーンロックの利益は下記になります。

落札価格1310円-(商品仕入れ値233円+経費408円)=利益669円
利益:669円

本商品は中国から仕入れて売れば669円の利益が出る商品になります。

 

上記の経費は一例であり、よく探せば安い代行手数料の業者があるので

慣れてきたら他にも探してみてください。

 

商品の需要(売れ行き)と供給(ライバルの数)を調べる

商品の需要と供給についても仕入れ判断の基準になります。

 

もし、3日に1個以上売れているような需要の強い商品であれば

出品者が多くても気にすることはありません。

商品ページを作りこんで、販売オプション(広告)を使えば、

ほぼあなたから商品が買われていきます

 

4日~7日間に1個しか売れていないような需要の弱い商品は、

注意をする必要があります。

もし、上記のような7日に1個しか売れない商品に出品者が10人もいた場合は、

あなたから買われる可能性はとても低くなるからです。

 

私が商品を仕入れる需給目安は下記のようになります。

  • 4日~7日に1個以上の落札がある商品、出品者が3人以下
  • 日に1個以上の落札がある商品、出品者が5人以下
  • 2日に1個以上の落札がある商品は出品者が多くても気にしない

上記の数字は利益によって左右されますが、

初めのうちは利益が500円以上の商品で上記の基準を守っていけば

仕入れても損をすることがないでしょう。

 

この記事でリサーチしているブラケット付きチェーンロックは

1日に2個以上売れている商品であり、利益も500円以上なので

間違いなく仕入れることができる商品になります。

 

 

リサーチで利益が出る商品を見つけた後は

上記のような利益の取れる商品を見つけた後は仕入れになります。

仕入れの際は代行業者にタオバオなどの仕入れサイトの

商品ページURLと注文個数を連絡することになります。

 

業者によっては専用の発注書を用意しているので、

仕入れ前に代行業者と相談をしましょう。

大抵の代行業者は日本語ができるスタッフがチャットで対応してくれます。

 

仕入れの手順と代行業者については下記の記事をご参照ください

タオバオ 中国輸入 商品を輸入する流れとかかる諸経費を解説

タオバオ輸入で損しない 輸入代行業者を選ぶ6つのポイント

 

一回の仕入れ数ですが商品の売れ行きによって変わってきます。

 

一度に大量に商品を仕入れれば1個当たりの送料は安くなりますが、

1種類の商品を100個も仕入れていては、

売れなかった時に在庫が積みあがってしまいます

 

もし始めて仕入れる商品であれば、1種類の仕入れ数を5個程度にして、

マーケットテストをしてみましょう

テストの結果、継続的に売れていく商品であれば、

次回の仕入れは10個、20個と増やしていきます。

 

基本的に商品を仕入れる際には『広く浅く』が基本になります。

多くの種類の商品を少しづつ仕入れていけば、一つの商品が売れなくても、

他の商品が売れてトータルで利益を出すことができます。

 

1点集中で1つの商品を100個も仕入れていては、

売れなかった場合に破産してしまうので無理をしないでいきましょう。

 

リサーチ時の注意点

出品禁止物を避ける

ヤフオクでは出品規約があり、出品禁止物が規定されています。

出品禁止物をリサーチしても時間の無断なので、

あらかじめ規約を読んで、リサーチから除外していきましょう。

 

ヤフオク出品禁止物
https://guide-ec.yahoo.co.jp/notice/attention/type/prohibition-goods.html

 

 

重い商品、大きい商品、保管の難しい商品は避ける

中国から輸入する際にかかる送料は、

商品の重さ、商品の体積が大きいほど、送料も高くなります。

中国輸入商品リサーチに役立つ 輸入すべき商品の3つの特徴

 

また、日本国内で落札者に発送するときにも送料が高くなるので、

利益が取れそうな商品でも、重い商品やサイズの大きな商品は

仕入れないほうが無難です。

 

特に重量に関しては1個当たりの重さが3kgも4kgも超えてくると、

中国からの送料が跳ね上がりますので注意しましょう。

 

また、商品は落札するまで、自分で保管することになるため、

保管に特殊な設備が必要な商品もリサーチの対象から外しましょう。

 

時間を決めて集中して商品リサーチをする

始めのうちは1日中商品リサーチをしても、

仕入れ商品が1個も見つからない時があります

これは、そもそもリサーチしているカテゴリーで

優良商品がないこともあるので早めに切り替えることが重要になります。

 

事前にリサーチするカテゴリーを決めて、

1回2時間を上限に集中してリサーチを行っていきましょう。

 

リサーチして気になる商品があった場合は、

必ず『商品名』『商品URL』『出品者のヤフーID』

エクセルなどにまとめておきましょう。

 

リサーチ結果を客観的に判断する

苦労してリサーチをした末に見つけた商品には不思議な愛着が出てきます。

『高く売れて時には利益が出ているから仕入れても大丈夫だろう』
『ブランドロゴがついているけど、ヤフオクでなら売っても大丈夫だろう』
『1週間に1個しか売れない商品だけど、自分から売れるだろう』

こんな感じに、自分で労力をかけて見つけた商品では

仕入れの基準が甘くなってしまいます

 

利益が出ない商品や売れない商品を仕入れても損することになります。

輸入ビジネスの目的は、海外から仕入れた商品を国内で売ることではなく、

お金を稼ぐことなので、甘い仕入れ基準で仕入れることは厳禁です。

 

これを防ぐには、リサーチ結果を友人やビジネス仲間などに

相談するのが一番になります。

第三者から客観的にリサーチ商品を評価して、

仕入れ基準を満たしているようであればお金を使って仕入れることができます。

必ずリサーチした商品を客観的に判断するようにしましょう。

 

 

もし、あなたがビジネスで相談する相手がいないようでしたら、

私に見せていただければコメントをさせていただきます。

 

最近は毎日のようにリサーチ結果を見て欲しいと問い合わせが来ていて、

皆様にコメントを返すために1人につき10件までとしています。

自力でリサーチしたけど本当に仕入れていいか迷っている方は

お気軽にご相談をしてください。

 

その際は『商品名』『商品URL』『出品者のヤフーID』を必ずお伝えください。

 

 

いかがでしょうか。

以上が私が普段行っているヤフオク中国輸入のリサーチ方法になります。

 

私は上記の手順でヤフオクのリサーチをしていけば、

月収10万円にすぐに到達できるでしょう。

月収10万円を超えた後でも、リサーチを続けていけば、

どんどん売れる商品という名の資産が積みあがっていきます。

 

始めの1、2か月間は商品リサーチで稼げる商品を見つけるまで

時間がかかりますが、3カ月目くらいから一気に上達します。

 

リサーチに慣れれば、稼げる商品を見つけるまでの労力が

始めの半分、10分の1になっていきますので、

途中で折れずにとりあえず3か月間はやってみてはいかがでしょうか。

 

もし心が折れそうになったり、リサーチ方法について詳しく聞きたい方は

メールやスカイプでご連絡を戴ければお返事しますので、

お気軽にお問い合わせください。

 

長くなりましたが最後までお読みいただきありがとうございました。

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK