コミュニティへ参加


商品リサーチで稼げる商品を見つけるために必要なただ一つの考え方

商品リサーチで稼げる商品を見つけるために必要なただ一つの考え方

こんにちは、トーマスです。

この記事ではリサーチを始める前に注意すべき点について説明をします。

 

輸入ビジネスで初心者が稼げない最大の理由が、

『商品が売れない』ということです。

物販ビジネスはお金を使って仕入れた商品が売れることにより

初めて利益が出ます

商品を仕入れただけでは利益になりません。

 

初心者にありがちなミスとして、

自分で『売れるだろう』と思って仕入れた商品が売れずに、

他の商品を仕入れようとしても、資金が底をついたために

仕入れることができなくなるというものがあります。

 

売れない商品は値下げしても売れないことが多いので、

最悪の場合は、仕入れ代金のすべてを損してしまいます。

 

さらに言うと、初心者にありがちなビジネス退場パターンは

仕入れた商品が売れない⇒
資金が少なくなる⇒
焦って、さらに商品を仕入れる⇒
やっぱり売れない⇒・・・

という、負のスパイラルに陥ってしまうことです。

 

このような負のスパイラルに陥らないために、

今回は輸入ビジネスで絶対に稼ぐための

リサーチマインドについてお伝えをします。

 

また、商品リサーチは時間がかかる作業なので、

効率の良いリサーチをするための考え方を紹介しますので

最後までお読みください。

 

稼ぐための商品リサーチに必要な考え方

商品リサーチで稼ぐためには一つのシンプルな思考をすれば大丈夫です。

 

『よく売れている商品を仕入れる』

これだけです、この一文をデスクトップの壁紙にしておきましょう。

 

よく売れている商品を探すには、ヤフオクで過去の売行きを見て、

過去30日間である程度売れている商品を、

あなた自身も仕入れて販売していきます。

 

この方法をしていけば、必ず稼ぐことができます。

 

時々、3ヵ月に1個しか売れないけど利益が5000円の商品を

仕入れたいと相談をされますが、このような回転の悪い商品は

仕入れてはいけません。

 

回転が悪い商品はライバルが現れた時に悲惨なことになります。

ライバルを押しのけて、自分の商品を売るには値下げするしかありませんが、

回転の悪い商品はそもそも商品自体の需要がないので、

値下げしても売れず売れても赤字という最悪の状況になります。

 

一方、利益500円の商品でも毎日売れていれば優良商品と言えます。

もし、あなた一人がこの商品を販売していた場合は月間に30個、

ライバルが10人いても月間3個があなたから売れていきます。

 

この場合はライバルがいても、

それぞれの出品者から商品が売れていれば値下げ合戦が起こりません。

 

そもそも利益500円あたりは値下げの終着点になります。

逆に利益500円という薄利を嫌ってライバルが少なくなり、

あなたが独占的に販売できることも少なくありません。

 

1個500円の利益でも、毎日売れれば月間30個、15,000円の利益になります。

月収10万円を稼ぐためには200個を売れば良いという計算になります。

 

月間で200個発送というと梱包・発送が大変と思うかもしれませんが、

発送は外注化できるため、将来的にその手間はかかりません。

このサイトでも外注化全般をサポートできます。

初心者の段階では薄利多売方式で行きましょう。

 

ヤフオクやアマゾンで過去の売行きを調べる方法は下記の記事を参照ください。

ヤフオク中国輸入 月収10万円を稼いだ具体的な商品リサーチ方法を解説

中国輸入リサーチ アマゾンで稼げそうな商品を抽出する方法を解説

 

効率の良いリサーチを行う考え方

上記のように、回転が良い商品というのは販売数の多い商品です。

商品の販売数が多ければ、たとえライバルが多くても、

あなたからも売れていきます。

 

回転の良い商品を見つけるためには、

よく売れている商品カテゴリーに絞ってリサーチをしましょう。

 

よく売れる商品が多いカテゴリーは2つの特徴があります。

  • 個人が日常生活でよく使う
  • 消耗品、半消耗品である

この二つの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

個人が日常生活でよく使う商品

私たち個人が日常生活で使う商品であれば、

使う人が多いためにそれだけ販売数が多くなりますね。

 

例えば、自動車というカテゴリーで言うと、普通乗用車はトラックの5倍

バスの26倍も売れています。

これは、普通乗用車は多くの人が日常生活で使うために、

トラックやバスに比べて圧倒的に売れています。

 

ちなみに、電話ではスマートフォンと公衆電話で考えても、

より個人が使う商品の方が販売数は多いことが直感的にわかるでしょう。

 

消耗品・半消耗品

あと一点、よく売れる商品を見つけるヒントとして、

消耗品や半消耗品の様に定期的に購入をしなければいけない商品

販売数が多いです。

 

この最たる例は食品になりますが、

輸入ビジネスでは初心者のうちは食品を取扱うのは難しいですね。

 

輸入ビジネスで扱うことができる半消耗品と言えば、

衣替えのあるアパレル、モデルチェンジの早いパソコン機器・

スマートフォンアクセサリー類などがあります。

 

その他にも、自動車やバイクに使う消耗品パーツがありますが

これらの商品は中国輸入ビジネスで扱う商品の定番ですね。

 

回転の良い商品をリサーチするためには、個人向け、

日常生活向けの商品が多いカテゴリーに絞ると、

効率的に稼げる商品を見つけることができます。

 

おススメ商品が多いカテゴリー

販売数が多くて、輸入ビジネスで扱いやすい商品が

多いカテゴリーは以下になります。

  • 自動車&オートバイパーツ
  • PC&スマートフォンアクセサリー
  • アパレル

これらのカテゴリーに絞ってリサーチをすると、

回転が良くて、稼げる商品を効率よく見つけることができます。

 

自動車&オートバイパーツ

自動車は多くの人が保有していて、日常的に使うので

カテゴリー全体の商品販売数が多いですね。

輸入ビジネスでは自動車本体ではなく、自動車のパーツや

アクセサリー類を取り扱います。

自動車パーツの検索結果

 

例えば、車外アンテナ、サイドミラー、ヘッドランプ、

シガーソケットアクセサリー類、スマートフォンホルダー、

座席カバー、後部座席シート、ポケット付きシートカバーなどなど

様々なものがありますね。

 

基本的に自動車パーツは純正品が好まれますが、

高価格なので、純正品相当の汎用品が広く使われています。

汎用品のほとんどは中国輸入品なので、

リサーチの時に意識をしてみましょう。

 

PC&スマートフォンアクセサリー

この分野はカテゴリー全体の売上、販売数がトップ3に入ります。

特にスマートフォンアクセサリーはよく売れますね。

スマートフォンアクセサリー検索結果

 

ライトニングケーブルやUSBケーブル、スマホ・タブレットケース、

保護ガラスなどは1種類の商品が1日に10個以上売れているので、

ライバルが多くても参入しやすいです。

 

特にPC機器のような家電小物製品は製造は中国のお家芸なので、

安くて品質がそれなりの商品を販売するショップを

タオバオでも見つけやすいです。

 

また、慣れてきたら、直接工場から卸売りをしてもらえば

さらに仕入れ代金を安くすることができます^^

 

個人的な経験から、

中国輸入初心はこのカテゴリーが一番稼ぎやすいと思います。

 

アパレル

アパレルは衣替えがあるので、頻繁に買い替えが起こりますね。

また、アクセサリー類もデザインの流行り廃りがあるので、

販売数が多いカテゴリーになります。

 

実際にヤフオクやアマゾンでも洋服やバッグ、アクセサリー類で

中国輸入品を多く見つけることができますね。

 

デザインの良い商品はノーブランドでもよく売れるので、

アパレルはより回転が良いカテゴリーになります。

しかし、仕入れた時にしっかりと検品をしないと、

サイズ違いや糸のほつれなどがあるために返品が多くなります

 

ちなみにアパレル系で仕入れるのはノーブランド品だけにしておきましょう。

中国からのブランド品はほとんどが偽物なので、

価格が安いからといってブランド品を仕入れると、

のちのちトラブルになってしまいます。

 

まとめ

このようにリサーチをするカテゴリーを絞り込んでおけば、

稼げる商品を早く見つけることができますね。

 

りをする時は魚が多い釣り堀でするべきで、

魚のいないため池では何時間かけても魚は釣れません。

 

ビジネス全体に言えることですが、

物事を始める前に稼ぎやすいフィールド、勝ちやすいフィールドで

勝負をするようにしましょう。

 

最後まで読んで戴きありがとうございました。

 

↓下記の記事とメルマガも参考にしていただければ幸いです。

ATBへ参加で期間限定無料プレゼント中

PC1台とネット環境さえあれば、好きな場所で好きな時に仕事をして、お金、時間、人間関係に不自由しなくなる7日間のコミュニティ通信の登録者募集中。

今なら期間限定で、月収100万円以上を安定して稼ぐ仕組みをつくるノウハウを動画150本 1000分以上にまとめた教科書『輸入ビジネス解体新書』をプレゼント中!

プレゼントはコミュニティ通信1通目のメールでお送りします。





 



この記事を「知らないよりは知っていた方がいいだろう!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「ポチ」「LINE登録」「メルマガ登録」をお願いします↓

友だち追加

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK