タオバオで無料ツールを使って商品をリサーチする3つの方法とそのコツ

こんにちは、トーマスです。

今回はタオバオで目的の商品をリサーチする3つの方法と

のコツを説明します。

これから、輸入ビジネスでタオバオで仕入れる商品を

検索していくあなたのお役に立てば幸いです。

 

アマゾンやヤフオクで売行きの良い商品を見つけた後に、

中国のショッピングモールでその仕入れ値を調べていきます。

目的の商品の中国側の仕入れ値と日本の販売額を比較して、

輸入経費を差し引いても利益が出るようであれば

商品を仕入れていきます。

 

中国で仕入れるサイトは『タオバオ』というネットモールになります。

アマゾン中国輸入 タオバオ 仕入れの流れと諸経費を解説

 

タオバオでは商品の売値が安く、圧倒的な品ぞろえを誇る

最強のショッピングモールですが、中国国内向けサイトなので

サイトページがすべて『中国語』になります。

なんと、最近一部の店舗が日本語対応になっています!

 

ただ、中国語でもまったく問題ありません。

最近はGoogle翻訳が優秀なので商品ページの説明は

日本で分かり、商品画像を注意深く見れば、

目的の商品かどうか識別することができます。

 

私も中国語は全くできませんが問題なくリサーチできています。

 

今回はタオバオで無料ツールを使って商品を検索する

3つの方法について説明をしていきます。

商品検索のコツについてもあわせて紹介するので

最後までお読みいただければ幸いです。

 

タオバオで商品検索をするための3つの方法

タオバオで商品検索をするためには以下の3つの方法を使います。

  • Google画像検索
  • タオバオ画像検索
  • タオバオキーワード検索

商品をリサーチする時は上から順に行っていくと

スムースに商品を見つけることができるので、

順に説明をしていきます。

 

Google画像検索

まず、アマゾンで美味しそうな商品があったら、

その商品画像で画像検索をします。

 

画像検索を使ったリサーチは以下の流れになります。

  1. 目当ての商品画像をグーグルで検索
  2. 検索結果の中から中国語のサイトを見つける
  3. 中国語サイトの中からタオバオサイトを見つける

それでは手順に沿って画像検索リサーチを見ていきましょう。

 

目当ての商品画像をグーグル画像検索

前提としてグーグル画像検索をする場合は、

ブラウザのGoogle Chromeを使いますので、

あらかじめインストールをしておきましょう。

 

例えば、アマゾンの下記のパーカーが売れているので、

この商品をタオバオで検索する場合を考えます。

 

アマゾンの商品ページの画像を右クリックして

『この画像をGoogleで検索』を選びます。

1

(↑クリックで拡大)

 

これでこのパーカーと同じ画像か、それに似た画像が

掲載されたウェブページを検索結果として表示されます。

 

 

画像検索から中国語のサイトを見つける

画像検索の検索結果は、始めの方は日本語のページが表示されますが、

後の方は英語や韓国語、中国語のサイトがヒットしています。

2

(↑クリックで拡大)

 

ちなみに、ここで画像検索で商品に似たページ

(ここでは色違いのパーカーなど)ばかりが表示され、

目的のタオバオページが見つからないことがあります。

 

その場合は、そのページは後でキーワード検索の、

単語を拾い出すために使うため、ページを閉じずに残しておきましょう。

 

検索結果からタオバオサイトを見つける

検索結果から中国語サイトを片っ端から開いていき、

タオバオの商品ページを探していきます。

 

見つけるコツとして、タオバオの商品ページには

URLに『Taobao』を含むのでそれを目安に探していきます。

3

(↑クリックで拡大)

 

タオバオ画像検索ツールで画像検索

グーグル画像検索で見つからない場合は、

次にタオバオサイトで画像検索を行います。

 

タオバオ検索バーの右にカメラのアイコンがありますが、

こちらが画像検索機能になります。

↑クリックで拡大

 

タオバオ画像検索方法

下記からタオバオページに行きます。

タオバオ

 

ちなみに、グーグル検索からタオバオページに行くと、

なぜかトップページにカメラアイコンがないので、

上記のリンクから行くか、一度『捜索』ボタンを押すと

アイコンが表示されます。

 

↑クリックで拡大

 

カメラアイコンをクリックすると

エクスプローラーが表示されるので、

検索したい画像を選びましょう。

 

このため、あらかじめ検索したい画像を保存しておきます。

 

 

もし画像が加工されていたら・・・

アマゾンやヤフオクでは画像が加工されている場合が多いです。

加工された画像を画像検索に使っても目的の商品が

検索されない場合が多いです。

↑クリックで拡大

 

ただ、タオバオ画像検索では絞り込み検索ができるので、

商品部分だけを下図のように絞り込んでいきましょう。

 

左上の検索画像の下部の『框选主体』という中国語をクリックすると、

検索する部位を絞り込むことができます。

↑クリックで拡大

 

商品部分だけに絞って検索を行うと、

目的に近い商品が表示されるので、

その検索結果の中から目的商品を探していきましょう。

 

ヤフオク画像を保存する方法

アマゾンの商品画像は右クリックから保存できますが、

ヤフオク画像を保存するには一工夫が必要です。

 

ヤフオク画像は画像上で右クリックしても、ウインドウが開きません。

このため、画像をドラッグして、右上の新しいタブに持っていきます。

↑クリックで拡大

 

ドラッグして離せば、

新しいタブに商品画像が表示されます。

この画像は右クリックから保存できます。

 

↑クリックで拡大

 

最後の手段:中国語でキーワード検索

タオバオの画像検索でも表示されない場合は、

最終的にキーワードを使って検索をしていきます。

 

キーワード検索は画像検索に比べて、

慣れないと難しいですが、キーワード検索のみで

検索可能な商品はライバルが少なくて稼ぎやすい傾向があります。

 

また、キーワードは中国語で入力しますが、

Google翻訳や中国語のページを

コピー&ペーストすれば大丈夫です。

 

キーワード検索でも慣れれば、画像検索と同じくらいのスピードで

リサーチ可能なので練習をしていくようにしましょう。 

 

検索入力するキーワードは3単語まで!

タオバオではトップページ画面上部の検索バーに単語を入力すると、

その単語に関連した商品が表示されます。

(↑クリックで拡大)

 

もちろん、単語を複数入れても問題ありません。

しかし、あまり多くの単語を入れすぎても逆効果になります。

 

基本的に検索に使うキーワードは3つにしましょう。

 

どんな単語で検索するか?

検索に使うキーワードは名詞や形容詞、固有名詞にしましょう。

修飾語を含んだ単語を複数入力するとタオバオが泣き出してしまいます。

 

入力する3つのキーワードは以下になります。

  • 1つは商品カテゴリーや固有名詞
  • 1つは商品の用途
  • 1つは色や機能、外見など商品の特徴

 

例1:■BZ117■Honda VEZEL ヴェゼル
ベゼル 専用ステップガーニッシュ
ASIN:B01CCZFMTE

入力中国語候補:

  • 固有名詞⇒Honda or 本田
  • 商品カテゴリー⇒方向盘(ハンドル)
  • 商品用途⇒改装(デコレーション)

(↑クリックで拡大)

 

例2:★明日楽★耐熱高品質ウイッグ 涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮 ハルヒ すずみや ハルヒ コスプレウイッグ
ASIN:B00849W30O

 入力中国語候補:

  • 固有名詞⇒涼宮春日(涼宮ハルヒ)
  • 商品カテゴリー⇒假发(かつら、ウィッグ)
  • 商品用途⇒cosplay(コスプレ)

(↑クリックで拡大)

 

上記のキーワードでタオバオ検索をお試しください。

タオバオ

 

予測検索を使う

タオバオは予測検索が優秀なので、中国語の固有名詞など

タオバオに教えてもらうことができます。

 

例えば、先ほどの『涼宮ハルヒ』の固有名詞も、

タオバオに『涼宮』と漢字で入力すると『春日』と続けてくれます

 

コスプレ用ウィッグを検索したいけど、単語を調べるのが面倒という時も

『cosplay』と入力すると『cosplay 假发』続けてくれますので、

わざわざ翻訳しなくても単語がわかるので時間短縮ができます。

 

わからない時はタオバオに聞いてみましょう。

 

(↑クリックで拡大)

 

日本の漢字を入力しても中国語に自動変換される

日本語の漢字と中国語は見た目も意味も似ています。

タオバオの検索で日本語の漢字を入力すると自動的に中国語に変換・検索されます。

 

日本の漢字を入力してもしっかりと予測検索されるので、

慣れてきたら目的商品に関連するキーワードを漢字で打ち込んで、

そこから検索するなんてこともできるようになります。

 

タオバオリサーチで検索していると、

日本語と中国語の共通点が色々とわかって面白いですよ。

リサーチの合間に息抜きでお試しください^^

 

Google画像検索の中国語ページを使う

グーグル画像検索でタオバオページが出てこなくても、

検索結果の後半に中国語ページがヒットする場合があります。

このページは中国ローカルの通販サイトであることが多いです。

 

この通販ページ内で目的商品に関連するキーワードをタオバオで検索します。

あるいは通販サイトの検索結果をコピペしても何かわかるかもしれません。

(↑クリックで拡大)

 

たいてい検索結果をタオバオでコピペ検索すれば、

タオバオ内の目的商品のカテゴリーに行くなど範囲を狭めることができます。

上記の通販サイトは商品ページがタオバオにリンクしていることもあるので、

通販ページの商品画像などをクリックなどしてみましょう。

 

また、中国語の通販ページの画像にも着目します。

アマゾンの商品ページでは中国輸入品であることを隠すために、

商品画像内にあった中国語が消されています。

 

しかし、通販ページではタオバオの商品画像がそのまま使われているので、

背景にキャッチコピーの中国語があることも多いです。

中国語を含む画像で画像検索をすると目的の商品が見つかることも多いですね。

 

目的の商品を見つけた後は・・・

見つけた商品ページが正しいかチェック

無事にタオバオで目的の商品を見つけた後もいくつかやることが残っています。

見つけた商品ページが目的の商品のものかどうかを

Google翻訳を使ってチェックします。

 

Google Chromeを使っていれば右クリックからページを翻訳できます。

特に商品のサイズや色、付属品の有無などは、細かくチェックしないと

見落としてしまうので要注意です。

 

私事ですが、過去に目的の商品ページを見つけてあまりの安さに嬉しくなり、

碌にタオバオの商品ページを見ずに仕入れたことがあります。

日本に仕入れてアマゾンで購入したお客さんから電話で

『違う商品が届いたんだけど・・・』言われて、青くなったことがあります。

 

商品間違いは評価に響くのでしっかりとチェックしましょう。

(↑クリックで拡大)

 

最安値のチェック

タオバオには中国全土のショップが出品しているので

同じ商品でも値段が様々です。

 

全く同じ商品でもタオバオ内で±20%くらいは価格差がありますので、

たまたま見つけた商品ページが最安値ではないかもしれません。

 

ここから目的商品の最安値を調べていきます。

キーワード検索なので目的商品以外の商品も表示されており、

検索結果が1000を超えることが多いです。

 

まず、見つけたページの商品名からキーワードを使って、

検索結果をさらに狭めていきましょう。

 

狭めた検索結果な中で値段でソートを行います。

下記写真の部分に下限と上限を入力すれば、その間の商品だけが表示されます。

初めに見つけた商品ページの値段から±30%で価格ソートをします。

(↑クリックで拡大)

 

ソートされた検索結果から最安商品を探していきます。

値幅制限の左側に安い順、高い順に並び変えるボタンがあるので、

こちらを使うと便利です。

 

安い価格を見つけた後はしっかりと商品ページをチェックします。

もし、商品ページ内に色やサイズのバリエーションがある場合は、

その中の最安値が表示されていますので要注意です。

 

商品に商標がついていないかチェック

最安値のページを見つけたら、いよいよ最後のチェックです。

 

既に日本側リサーチで商標のチェックを行っていますが、

仕入れ前にもう一度チェックしましょう。

 

目的の商品にロゴやタグ、社名がプリントされていないか、

OEMのブランド名が商標登録されていないかチェックします。

 

チェックはブランド名を『特許情報プラットフォーム』で検索するだけ、わずか10秒!

特許情報プラットフォーム

(↑クリックで拡大)

 

タオバオ中国語リサーチ実演動画

以上がタオバオでの商品リサーチの方法になります。

最後に実際にタオバオでの中国語での商品リサーチを動画で実演します。

(下記動画内に記事リンクがつけられなかったので、そのような発言は気にしないでください)

 

メルマガを登録していただいた方に、このような動画解説記事を

100本以上プレゼントしていますので、サイドバーか記事直後の登録フォームから

メルマガ登録して、動画を受け取ってください。

 

リサーチをスピードアップするために・・・

最後になりますが中国輸入のリサーチは慣れになります。

 

ビギナーの時は利益の取れる商品を見つけるまでに時間がかかりますが、

1日1時間でもいいので毎日続けていればすぐに上達します。

私は初めに利益が取れる商品を1個見つけるまでに1時間かかっていましたが、

今では5分に1個は見つけることができるようになりました。

 

自分の経験で、リサーチを続けているうちにできるようになったことは下記の二つです。

 

商品が中国輸入品かどうかわかる

始めはアマゾンで中国輸入品と国内製品とが見分けられませんでしたが、

今は8~9割の確率で中国輸入品を見分けることができるようになりました。

 

これは数多くの中国からのノーブランド品を見てきたので、

中国で作られる製品のカテゴリー、中国工場の得意分野がわかるようになったからです。

このため、商品リサーチでは中国輸入品だけを抽出して中国側リサーチができます。

 

これは経験によるものなので、商品リサーチをやり続ければ

あなたも確実にできるようになっていきます。

 

今後に中国輸入品を見分ける方法についても記事で書きたいと思いますので、

もしよろければ楽しみにしていただければ幸いです。

 

商品の中国価格相場がわかる

これも経験の賜物ですが、中国輸入品の仕入れ相場がわかるようになりました。

 

洋服やコスプレ品などは30元~50元、型枠を使ったプラスチック射出成型品は

10元~20元などなど、商品の材料と生産工程から大体の相場範囲がわかります。

 

このため、アマゾン商品の販売価格から利益が取れそうかどうかがわかり、

利益が取れそうな商品だけリサーチをするため、無駄打ちがなくなってきました。

この相場観も商品リサーチ経験によるものなので、やはり経験が一番重要になります。

 

しかし、経験といっても1カ月目くらいから大体の相場観ができてくるので

そんなに大仰ものではないと思います。

 

 

上記以外にもGooogle翻訳を使って正確に中国語に訳す方法や、

目的の商品におまけがついていた時の対処方法など、

ここでお伝え出来なかった細かなテクニックは、

メルマガ配信のリサーチ動画でお伝えしています。

 

そちらとセットでこの記事を見れば、よりわかりやすくなるかかと

思いますのでもしよろければ登録をお願いします。

 

タオバオリサーチもやってみると意外と簡単だった!という声が多いので、

是非中国輸入に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

もしわからないことがあれば、私もお手伝いをさせて戴きますので

お気軽にご相談ください^^

 

長くなりましたが、最後まで読んで戴きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください