アマゾン中国輸入 仕入れ時のトラブルや詐欺に遭わない方法

こんにちは、トーマスです。 中国輸入では商品の仕入れ値が安いのですが、 値段が安いということは品質もそれなりということです。   業者によっては、安い値段で取引を持ち掛けて、 お金を振込ませた後に不良品の山を送り付けてくるものもいます。   今回は商品仕入れの際にこのようなトラブルや詐欺にあわない方法を 説明していきます。     ※この記事に『ロット』という言葉が良く出てきますが、 これは10個や20個などある種類の商品を複数注文した時に その商品をひとまとめに言い表す単位です。   例えば、注文である商品を10個注文したら、 『この注文ロットの商品数は10個だ』というように言います。 仕入れ時の原則 初めに中国輸入の仕入れでは『安くて品質の良いものはない』という 原則を覚えておきましょう。 安いものは低品質で値段が高いものほど品質が良くなります。   例えば、iphoneのライトニングケーブルを仕入れる際に、 最も安いロットは不良品率が高くて充電できるケーブルが少なく、 値段が上がるほど不良品率が少なくなり、 最も仕入れ値が高いものは純正品ケーブル相当の品質になります。   これはメルカリで『ライトニングケーブル』と検索すればわかりますが、 値段が安いものを大量に出品している出品者の評価を見れば、 いかに不良品率が高いかわかります。   まず『安くて品質の良いものは無い』ということを頭に入れ、 仕入れに臨みましょう。   仕入れ時に遭遇する代表的なトラブルや詐欺 主に、仕入れ時に遭遇するトラブルや詐欺は以下のものがあります。 商品代金を支払ったが、なかなか発送してこない 不良品が大量に入った商品ロットを送られる 本物を注文したはずが、偽物を送ってくる ウエスタンユニオンやマネーグラムで代金を振り込ませて商品を送らない これらを一つ一つ説明していきます。   代金を入金したが、なかなか発送してこない これは中国輸入仕入れの代金支払い方法に問題があります。 基本的に業者はこちらの注文に対して在庫調査を厳密にせず、 入金を確認してから、工場や倉庫に在庫を確認に行きます。   このため、こちらが支払い後に注文したサイズやカラーがない場合は、 『注文したカラーがないから他のカラーを代わりに送る』と言ってきます。 連絡が来ればまだいい方で中にはこちらに連絡もせずに、 他のカラーやサイズを送ってくる業者もいます。   彼らには『注文されたものをきっちり届ける』という概念がなく 『まぁ、9割方あっていればいいだろう』という感じです。   これを回避する方法として仕入れ前に在庫が本当にあるか念を押すことです。 担当者に『代金を支払う前に在庫の最終チェックをしてくれ』というと 在庫確認を行ってくれます。 ここで在庫があると言われれば99%は大丈夫です。   もう一つの理由として繁忙期に注文するとこのようなことが起こります。 2月上旬の春節や10月の長期連休の前後は世界各地から 注文が集中するために中国は超絶繁忙期です できればこの時期を避けるように仕入れをしましょう。   不良品が大量に入ったロットを送られる これは仕入れ値が相場より不自然に安い業者に起こります。 注文した商品の30%~40%、なかには70%くらいが 不良品のものもあります。   実はこれは中国の仕入れ業者に悪意は全くありません。 業者側は先方の提示した値段で販売できる品質の商品を 発送しているに過ぎません。   コストが安ければ低品質が、高ければ高品質のものが作れます。 中国業者は商品ロットに値段相応の割合で不良品があるのが 当然と考えていますので、この考え方の違いを理解しなければいけません。   これを避けるためには安い業者からの仕入を避けることです。 事前に『この値段であれば品質や不良品率はどうか?』と聞けば、 低品質であることや不良品が多いことを正直に答えてきます。   繰り返しますが、彼らにしてみれば値段相応の商品を 販売しているだけなので、彼らに悪意は全くありません。   逆に信用できる業者が『これは高品質で不良品が少ない』と言えば それを信用して大丈夫です。 その言葉を信じて注文して、仮に不良品が多かった場合は、 業者もしっかりと返金に応じてくれます。   結局は相手が信用できるかどうかですが、 信用できる業者を見抜くには経験が必要になります。 私は信用できる業者を商品カテゴリー毎に5社確保しています。   信用できる業者の選び方や信頼関係の構築方法は 別の記事で今後に説明します。   本物を注文したはずが偽物を送られた これは、中国からルイ・ヴィトンやコーチなどの超有名ブランドを 仕入れた場合に、必ず起こる詐欺トラブルです。   中国ほど値段と品質が一致する国は世界中のどこを探してもありません。 有名ブランド品が安く販売されることはありません。 仮に有名ブランド品が安く販売されていたら、 それは偽物か中古で状態が良くないものに間違いないです。   そもそも、昨今の中国人観光客の爆買いは日本でブランド品を 買い漁る現象です。 購入対象に上記の超有名ブランドが含まれています。 『本国と違って、全部本物だから安心して買える』 これが中国人観光客へ日本で爆買いする理由を聞いた時の返答です。 実情をよく表していますね。   繰り返しますが、中国からブランド品を輸入するとトラブルになります。 仮に本物だとしても通関で確実に止められます。 本物であることを証明するためにレシートや請求書を 提出しなければいけませんが、中国内の本物を保証する百貨店や 直営店でブランド品を購入すると日本よりも高くなります。   有名でなくてもapple純正品などのブランド電化製品も 確実に偽物ですので、そもそも中国からブランド品を 仕入れるのはやめましょう。   ウエスタンユニオン等で代金を振り込ませて商品を送らない これは明確な詐欺ですが、たまにこのような業者に遭遇します。 上記の送金方法は送金したお金は回収できないため注意が必要です。   このような業者は代金の支払い方法を伝えてくる際に、 ペイパル口座は既に凍結されていると言って、 ウエスタンユニオンかマネーグラムで支払いを要求してきます。 始めに安い商品価格を提示してきて『この価格は今週まで、 来週は値上げする!』と振込を急がせてきます。   経験上、信用できる業者がこちらに支払いを急かすのは、 『来週から長期休暇に入って工場が止まる』というように、 本当に商品の供給が止まってしまう場合だけです。   ウエスタンユニオンやマネーグラムによる支払いを迫る、 こちらに支払いを急かす、 このような業者はほぼ確実に詐欺なので他の業者を探すようにしましょう。     いかがでしょうか。 以上が中国輸入仕入れ時に起こるトラブルや詐欺になります。   中国では値段と品質が完全に一致するので安い商品には注意しましょう。 安い商品を購入する前に以下の質問をコピペで投げかけてみましょう。   『How...
2017年3月4日0 DownloadsDownload