コミュニティへ参加


中国輸入仕入れサイト選びに悩む初心者のためのタオバオとアリババの比較

中国輸入仕入れサイト選びに悩む初心者のためのタオバオとアリババの比較

こんにちは、トーマスです。

本日は中国輸入ビジネスの初心者が

アリババとタオバオのどちらで

仕入れるのが良いかということについて

説明をしていきます。

 

この記事は

  • 輸入ビジネス初心者
  • これから輸入ビジネスを始める方
  • 仕入れサイトについて悩んでいる方

におすすめの記事になっています。

 

中国輸入ビジネスでは、

主にタオバオアリババから

商品を仕入れます。

 

両者とも日本からネット上で

商品を検索することができ、

代行業者を通じて商品を仕入れることができます。

 

また、両者はサイトが似ているので、

どちらで仕入れても同じだろうと

考えられていますが、実は差があります

 

結論から言うと、タオバオとアリババでは

アフターケアに差があるので、

中国輸入ビジネス初心者はタオバオから仕入れましょう

 

この記事では、

タオバオとアリババのそれぞれの特徴、

タオバオから仕入れた方が良い理由について

共有させていただきます。

 

記事後半に、

私の友達の中国人の代行業者から聞いた

タオバオ、アリババについての生の声があるので、

そちらも見て戴ければ幸いです。

 

タオバオとアリババの違い

タオバオもアリババも

商品を1個から購入することができますが、

両者には決定的な違いがあります。

⇒アリババ

⇒タオバオ

 

その違いとは、

  • タオバオは個人向け(B to C)のショッピングモール
  • アリババは業者向け(C to C)のショッピングモール

ということです。

 

タオバオは個人向けサイトであり、

出品しているのはショップになります。

 

タオバオはいうなれば、

私達にとってのアマゾンになり

個人が商品を一個から気軽に購入することができます。

アマゾンのように送料無料商品があり、

購入後にも返品することも可能です。

 

しかし、

アリババは卸販売を目的としたサイトで、

出品するのは卸売業者商品を製造している工場

(まとめてサプライヤーと呼びます)になります。

 

アリババで購入するお客さんは、

タオバオに出品しているようなショップなので、

一種類の商品でも100個単位での販売になります。

このため、同じ商品でも価格がタオバオより

安く設定されています。

 

しかし、私達のような

中国輸入ビジネスプレーヤーは

一つの商品を100個単位で購入しないですよね?

売れない時にリスク分散などを考えて、

様々な商品を3個~10個毎に仕入れていくのが

基本になります。

 

特に初心者のうちは、

一つの商品を大量に購入すると

売れない在庫に悩まされることになるので、

注意をしましょう。

 

私達のような数個単位で購入するお客さんは

サプライヤーからすればイレギュラーになるので、

他のショップに比べて、送料が高かったり、

アフターケアが良くなかったりと差が付けられます。

 

実は、この差が利益に効いてきます

ここからはタオバオとアリババの

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

タオバオの特徴

タオバオの大きな特徴は以下になります。

  • 出品者はショップ
  • 送料無料商品が多い
  • 購入者の保護が手厚い

一つ一つ見ていきましょう。

 

出品者はショップ

タオバオに出品しているのは

ネットショップになります。

 

タオバオの商品ページの上部に

ショップバナーがあり、どの出品するショップ名が分かります。

 

た、ショップページがあり、

商品がカテゴリーごとに整理されて

商品を検索しやすくなっています。

 

バッグの商品ページ↓

 

 

コスメティックショップの店舗ページ↓

 

送料無料!

タオバオの商品を見ると、

たまに『包邮』という中国語を見たことがあるでしょう。

この意味は『送料無料』になります。

 

このため、

『包邮』が表示されている商品を購入しても、

ショップから代行業者まで

中国国内の送料がかからないということです。

逆に言えば、『包邮』の表示がない商品は

中国国内の送料がかかりますが、

タオバオでは送料無料が基本なのでご安心ください。

 

商品リサーチの時に、

『包邮』かどうか意識してみてください。

 

購入者の保護が手厚い

タオバオでは気軽にショッピングを楽しめるように、

お客さんが手厚く保護されています。

 

特に下記のマークがあれば、

不良品があった場合は無料で返品交換をして、

往復の送料もショップが負担になります。

消費者保障

 

そのほか、

購入者に対して様々な保証があるので、

商品に不良品があった場合でも、

代行業者を通じて交換することができます。

 

タオバオページの見かたは

下記の記事をご参照ください。

 

アリババの特徴

アリババの特徴は以下になります。

アリババ出品者は工場や卸売業者

大量に購入すると安くなる

中国国内の送料がかかる

 

 

アリババ出品者は工場や卸売業者

アリババはタオバオと異なり、

B to B向けのショッピングモールになります。

このため、アリババで出品しているのは、

製造工場や卸売り業者になります。

 

『会社』の意味の中国語『公司』↓

 

アリババのお客さんは

個人ではなくショップになるので、

注文数量は50個~100個というロット単位になります。

 

このために様々な対応が

タオバオと決定的に異なっていきます。

 

大量に購入すると安くなる

大量に購入すると商品単価が安くなります

これが卸売りの特徴になります。

日本のショップでも商品を

大量に買えば安くなりますよね。

 

卸売りでは下記のように

数量によって単価が変わってきます。

1~199個、200~999個、1000個以上で値段が異なる↓

 

もし1000個単位で商品を仕入れる場合は

アリババで購入すれば、

仕入れ原価を安くできますね。

 

中国の国内送料がかかる

アリババでは卸販売が基本なので、

送料が購入者負担になります。

大量に購入するから送料無料!

と言う優しさはありません。

 

ちなみに、私は過去に購入する際に

サプライヤーに『送料無料にして』と言ったら、

鼻で笑われました。

 

そもそも卸販売では、

小売りと異なる配送会社を使っているため、

小売りのような送料無料という契約はできないのでしょう。

 

中国国内の送料は商品サイズで変わりますが、

サプライヤーから代行会社の倉庫へ輸送するまで、

商品1個当たりに2元~5元はかかります。

これは、数個単位で購入する場合です。

もし、100個単位で購入する場合は安くなります。

 

このため、アリババで仕入れる際は、

思わぬ経費が掛かってしまうことを

意識しておきましょう。

 

ちなみに私が過去にアリババで購入して、送料が無料になったことが一回あります。
深センのサプライヤーから商品を300個仕入れて、同じく深センの代行業者へ配送する際に配送料をサプライヤーが負担してくれました。しかし、、その配送料はたった20元。300個購入しても、サービスしてくれる金額が20元。
中国人は商売上手です!

 

アフターサービスが良くない

アリババはB to Bの卸販売が基本なので、

サプライヤーは1000個単位、

最低でも100個単位での注文を期待しています。

 

そこへ、

『奮発して5個買うぞ~』と言っても、

サプライヤーは眉一つ動かしません

 

商品を販売してくれますが、

サプライヤーとしては見込み客になりそうもないので、

あまりアフターサービスに力を入れてくれません。

 

例えば、不良品があった時に、

返品交換のための送料はこちらが負担します

業者によっては返品を受け付けてくれないこともあります。

 

タオバオでは、商品が不良品だった場合は、

往復送料をショップ側が負担してくれるため、

やはりサービスの差が如実に出てきますね。

 

このため、

例えば10元の商品に不良品があった場合、

往復送料で少なくても5元はかかってしまいます。

中国輸入では一定確率で仕入れ商品に不良品があるので、

利益を見積もることが難しくなります。

 

中国人にタオバオとアリババはどっちがいいか聞いてみた

以前、私の友達の中国人代行業者に

『結局、タオバオとアリババはどっちがいいの?』という、

直球をぶつけました。

 

その回答が以下になります。

 

要約すると以下になります。

  • タオバオの方がサービスが良い
  • タオバオはショップに問い合わせれば、商品の実物を写真で見せてくれるが、アリババは見れないことが多い。
  • アリババでは不良品交換の往復送料がかかる。
  • タオバオでもアリババでも、一定確率で不良品はある

 

中国で購入する商品には

一定確率で不良品があります。

そのため、代行業者に検品をしてもらい、

中国国内で不良品を返品交換するのが

基本になります。

 

また、中国輸入ビジネス初心者のうちは

1種類の商品を100個単位で仕入れるのは難しいです。

 

アマゾンのOEM販売では、

500個単位で仕入れるのは普通ですが、

やはり初心者のうちは複数の商品を

数個単位で仕入れていきます。

 

このため、アリババのメリットである

卸購入をして仕入れ原価を抑えることができません

 

また、アリババでは商品の返品交換で

思わぬ経費が掛かり、下手をすれば

折角、仕入れて売っても赤字ということになりかねません。

 

このため、

中国輸入ビジネスの仕入れは

初心者のうちはタオバオを使っていきましょう。

 

結論

  • タオバオはB to Cショッピングサイト、アリババはB to Bショッピングサイト
  • タオバオは送料無料が多く、アフターサービスが良い。
  • アリババはロット単位で購入すれば商品価格が安いが、数個単位のこうにゅではアフターサービスが良くない
  • 中国から商品を仕入れると、一定確率で不良品があるため、アリババで仕入れる場合は思わぬ経費がかかる
  • 中国輸入ビジネス初心者ではアリババのメリットを生かしきれないのでタオバオ仕入れにする

以上になります。

 

ちなみにさらっと触れましたが、

ロット単位の仕入れを行うと、

アリババ仕入れのメリットが

多くなります。

 

アリババは中国語ですが、

Alibaba.comという中国国外向けのB to Bショッピングサイトがあるので、

そちらを使ってみましょう。

 

⇒Alibab.com

 

Alibaba.comの解説記事は以下になります。

⇒アリババで中国輸入転売の仕入れをすると本当に稼げるのか?

⇒中国輸入アリババ登録方法と商品リサーチで利益1000円商品を発見

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓メルマガと下記の記事をご参照いただければ幸いです。

ATBへ参加で期間限定無料プレゼント中

PC1台とネット環境さえあれば、好きな場所で好きな時に仕事をして、お金、時間、人間関係に不自由しなくなる7日間のコミュニティ通信の登録者募集中。

今なら期間限定で、月収100万円以上を安定して稼ぐ仕組みをつくるノウハウを動画150本 1000分以上にまとめた教科書『輸入ビジネス解体新書』をプレゼント中!

プレゼントはコミュニティ通信1通目のメールでお送りします。





 



この記事を「知らないよりは知っていた方がいいだろう!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「ポチ」「LINE登録」「メルマガ登録」をお願いします↓

友だち追加

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 鈴木

    お世話になります。大変忙しいところすみません。

    開業届けの書き方を動画みました。ちょっと心配があり御質問させて頂きます。
    これからなのでお願いします。

    ・屋号ですが、店舗名です。

     場所によって名前を名前を変える事が出来ますか?

     その都度変える事も出来ますか?

    ・関与税理士は決まっていません。書かなくてもいいですか?

    ・青色申告承認申請書と課税事業者選択届出は動画で記事か動画で御説明があると話していました。

    以上、ご返答頂ければ非常に助かります。よろしくお願いします。

    2018/01/09記
     

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK