メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

タオバオ輸入で損しない 輸入代行業者を選ぶ6つのポイント

タオバオ輸入で損しない 輸入代行業者を選ぶ6つのポイント

こんにちは、トーマスです。

今回はタオバオやアリババで商品を輸入する際に、

代行業者を使う方法と業者を選ぶポイントについて説明します。

 

アリババは中国業者から直接仕入れることもできますが、

基本的にアリババもタオバオも輸入するには代行業者を使います

 

代行業者は値段交渉や不良品交換などを完全代行してくれるので、

優良業者を見つければビジネスがスムーズにいきます。

ビジネスで成功するための近道は、良いパートナーと組むことなので、

この記事では代行業者を選ぶポイントを紹介していきます。

 

アリババやタオバオで商品をリサーチする方法は下記をご参照ください。

【中国輸入リサーチ】画像検索で稼げる商品を一瞬で見つける方法

【中国輸入仕入れ】5分でわかるアリババの登録方法とリサーチ方法!

 

準備が完了したところで見ていきましょう!

 

↓この記事は約6分の動画でも解説しています。

 

タオバオやアリババで輸入代行業者を使う理由

国際発送をしてくれる

アリババはDHLやFedexを使って日本に発送してくれますが、

タオバオは中国国内向けに特化したショッピングモールであるため、

中国から日本は発送してくれません

 

そのため、一度、中国国内の代行業者に商品を発送してもらい、

そこから日本に国際発送をしてもらう必要があります。

 

中国国内で検品が可能

タオバオやアリババで商品を購入した場合、届いた商品の中に

不良品が含まれているケースが良くあります。

この場合、ショップに不良品を返品すれば交換してくれますが、

一度日本に商品を輸入してから返品をすると、

交換までに1カ月以上かかってしまいます。

 

もし代行業者を挟んでおけば、中国国内で検品ができるため、

不良品をスムースに交換してもらうことが可能になります。

 

言語の壁

アリババやタオバオでの取引は主にチャットで商談を行い、

ほとんどが中国語でやり取りをすることになります。

 

もし、ブラウザでGoogle Chromeを使っていれば

中国語を翻訳できますが、チャットでは相手の発言を翻訳⇒

⇒こちらの発言を翻訳⇒相手に送信・・・という風に

手間がかかってしまいます。

 

過去に翻訳ソフトを使ってチャットにトライしました。

王さん(業者):こんにちは
トーマス:こんにちは
王さん(業者):どこから連絡していますか?
トーマス:日本です
王さん(業者):日本!スゴイ!うちのショップはどうです!?
トーマス:素晴らしいです、品ぞろえも豊富ですし
王さん(業者):でしょう!もううちは品ぞろえが豊富で・・・・
トーマス:(話が長いよ・・・)この商品が欲しいのですが、いくらですか?
王さん(業者):おぉ!この商品は大人気ですよ!先月も1300個売れて・・・
トーマス:(値段を先に行ってよ・・・)いくらですか?
王さん(業者):大人気商品で品薄なのでお客さんの欲しい数によりますね。何しろこの商品は・・・・・

というように、中国のショップさんはすぐに関係ない話に入るので、

結局1つの商品を買うので50分かかりました。

 

また。値引き交渉や不良品の交換などは、中国語で交渉する

必要があるのでかなりハードルが高くなります。

代行業者は日本語が達者なので、こちらの希望を伝えておけば

中国ショップとの交渉をすべて代行してくれます。

 

以上の3点から仕入れの際に代行業者を使うことをオススメします。

忙しいサラリーマンはとにかく副業に時間をかけずに稼ぐことが

目的なので、なるベく外注するようにしましょう。

 

代行業者を使ったアリババ、タオバオ仕入れ

実際に代行業者を使う場合、基本的な仕入れの流れは以下になります。

  1. 商品をリサーチし、仕入れる商品と個数、ショップを決める
  2. 代行業者に仕入れる商品、個数、ショップを伝える
  3. 代行業者から見積りが届くので料金を支払う
  4. 代行業者が各ショップに発注する
  5. 代行業者が商品を受け取り、検品して、日本へ発送する
  6. 日本で代行業者から届いた商品を受け取る

上記の中で代行業者への仕入れ依頼は、代行業者のホームページにある

『注文フォーム』『メール』で行うことになります。

 

タオバオ、アリババの代行業者を選ぶ6つのポイント

 

しっかりとした見積りを出してくれる

こちらの発注に代行業者は見積もりを出してくれますが

不明な点が多かったり、曖昧な見積りを出す業者は避けましょう。

逆に不明点を質問した時に、しっかりと答えてくれる会社は信頼できますね。

 

レスポンスが早く、こちらの質問にしっかり回答している

こちらの見積もり依頼や質問に対してレスポンスが早い会社はおすすめです。

リアルタイムでチャット対応しているか、電話対応をしているか、

即日~翌日にメールが返ってくるかなどを見ましょう。

 

また、こちらの質問にきっちり答えている業者を選びましょう。

問い合わせに対する対応で、その業者が信頼できるがわかります

業者と信頼関係を築けば、さまざまな要望に応えてくれるので、

長く付き合うことができます。

 

商品の検品をしてくれる

実際に使ってみないとわからないですが、

検品をしっかりしてくれる会社はポイントが高いです。

先に説明した通り、日本到着後に返品をすると、

余計な時間がかかってしまいます。

 

代行業者がしっかりと検品をして、ショップに返品交換を

してくれるかが重要です。

 

発注や発送までが早い

中国輸入ビジネスはいかに商品を安く仕入れて、

販売速度を上げるかが鍵になります。

 

仕入れた商品が代行業者に長く置かれては在庫回転率が悪くなります。

商品発注からの仕入れ、商品受け取りから発送までの時間

業者を評価する際に重要なポイントになります。

 

代行業者としての業歴が長い

特に中国では実績のある業者を選びましょう。

基本的に信頼できない業者が長く続くことはありませんので、

長く続いている代行業者は信頼がおける傾向があります。

 

もちろん業歴が短くても信頼できる業者はいますが、

博打をする必要はありません。

 

OEMに強い業者を選ぶ

今後、中国輸入はオリジナル商品の販売、製作が主流になっていくでしょう。

業者によって商品にロゴをプリントして、OEM商品を作ってくれますので

将来を見据えて、そのような業者と信頼関係を構築しておきましょう。

 

以上の6点が代行業者を選ぶポイントになります。

しかしながら、これらを見極めるためには実際に使ってみることが一番です。

 

最初から『この業者と一蓮托生じゃ~!』と決めずに、

複数の会社を使ってみて、自分に合った業者を選んでいけば良いでしょう。

各自のビジネススタイルや取扱う商品によって最適な代行業者が異なりますので、

複数の業者を使って、その中から選定していくことをオススメします。

 

以下のように代行業者比較サイトがあるのでご参照ください。 

タオバオ比較   http://taobaohikaku.com/

タオバオ代行の比較ナビ   http://xn--kcka5d7c415sr81e.biz/

 

 

この中から様々な代行業者を試して、自分に合った代行業者を

見つけるのが良いでしょう。

 

良い代行業者かどうか見分ける方法

代行業者を見分けるポイントはトラブルがあった時です。

トラブルの際に相手がこちらのことを考えた解決策を

オファーしてくれるか?トラブルの詳細を報告してくれるか?

という点が最もわかりやすいです。

 

例えば、私が実際にあった事例をあげます。

あるバイク用品を10個頼んだのですが、その商品は

重さが2kgもあったので、代行業者に届いた時には

10個中4個が破損していました。

 

この商品はアマゾンランキング10,000位以内の売れ筋

商品だったので、私は早く日本に発送して欲しかったのですが、

代行業者いわく『この商品は日本に運ぶ途中で破損する可能性が

高いので販売しない方が良い』とアドバイスをくれました。

私はアドバイス通りに商品をキャンセルして、返金してもらいました。

 

2か月後にそのバイク用品のページを見たら、平均カスタマー

レビューが1.5に下がっていました。

『届いた時には破損していた、金返せ』

『箱を開けたら端が欠けていた』というレビューが多く、

その大半が全額返金していたようです。

 

もし代行業者のアドバイスを聞かずに、日本で販売していたら

私も商品破損トラブルで返金の嵐、最悪出品者評価に1を

つけられていたかもしれません。

 

優良代行業者をパートナーにしておくとその恩恵は測りしれません。

優良業者かどうかは実際に使ってみないとわかりませんが、

中国輸入ビジネスのメルマガで使った感想が配信されています。

私もメルマガでさらっと配信しているかもしれません。

 

ただ、やはり自分に合った代行業者が一番いいので

使ってみて選ぶという方法が確実ですね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 ↓下記の関連記事も参考にしていただければ幸いです

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK