中国輸入の仕入れで詐欺に遭わないために行う4つの具体的な対策

こんにちは、トーマスです。

今回は中国から商品を仕入れる時に

詐欺にあわない具体的な方法について説明をします。

 

毎日のように私のサイトに

様々なお問い合わせがありますが、

その中で多いのが、

『中国から仕入れるのは

詐欺に遭いそうで不安です・・・・』

という相談になります。

 

確かに、顔も見えない業者に数万円単位の

お金を先に振込むのは勇気がいります。

お金を振り込んだ後に、そのまま連絡が

来なかったらどうしよう・・・と心配ですよね。

 

最近はイメージが変わりつつありますが、

ひと昔前の中国はネガティブなイメージが付きまといました。

このため、

これまでに海外から商品を購入したことのない方は

『海外から買うのも不安なのに・・・しかも中国!?』

特に不安になると思います。

 

そのため、

今回はこれから中国輸入を始める方が

詐欺やトラブルに遭わずに、

安全に商品を仕入れる方法を紹介します。

 

この方法は、

実際に私や私のクライアントが行っているので、

実践すれば詐欺被害に合う確率がなくなりますので、

最後までご覧ください。

 

中国輸入で詐欺に合わないために

中国輸入で詐欺に合わないために実践するのは

以下の4つを実践します。

  1. 有名な代行業者を使う
  2. 仕入れの時に最安商品を避ける
  3. テスト仕入れを行う
  4. 代行業者さんに発送前の商品写真を撮影してもらう

それでは上から順番に見ていきましょう。

 

対策その1:経験豊富な代行業者を使う

まず、第一に仕入れで使う業者を

経験豊富で評判の良い代行業者を使いましょう。

詐欺業者の手口は、以下の2点がほとんどです。

  • お金を払ったけど商品を発送しない
  • 不良品ばかりの商品を発送する

 

経験豊富な業者であれば、

詐欺業者を見分ける方法がわかっているため、

その業者を通じて購入するあなたが

詐欺に遭うことはありません。

 

また、商品が不良品だった場合は、

代行業者に返品や返金交渉を任せることになります。

業者の経験が浅いと、商品の返品ができなかったり、

返送料を負担することになるので、

経験豊富な業者を選んでおきましょう。

 

Google検索で『中国輸入 代行』と検索して

上位表示される業者であれば、安心して任せて良いでしょう。

 

上位表示される中でHAM、BANRI、

LIVE Trading(ライブトレーディング)は

私や私のビジネス仲間が実際に使っていて、

詐欺業者ではないことを確認しています(笑)

 

この3社は問い合わせへのレスポンスもが早く、

長く使い続ければスタッフの対応が良くなります。

HAM

BANRI

ライブトレーディング

 

またライブトレーディングであれば、

日本人目線の検品を売りにしているため、

不良品ばかり発送してくる詐欺業者をブロックしてくれます。

 

この入念な検品(開梱検品)を商品代金の5%で行ってくれます。

商品を箱から取り出して検品してもらえば、

商品と中身が一致していることも確認できます。

 

中国輸入でよくあるトラブルの一つに

商品ページの写真と異なる商品が

送られてくるというものがあります。

 

不良品や違う商品をお客さんに発送すると、

返品や無料交換をしなければならず、

商品の販売利益が吹き飛んでしまうので、

追加料金を払っても開梱検品を行っておきましょう。

 

対策その2:相場よりも明らかに安いショップを避ける

タオバオやアリババを検索すると、

見た目が同じ商品でも、様々な値段で

異なるショップから販売されています。

↓自動車シートカバーが、同じ商品ですが35元と45元があります

 

この検索結果を見て、

『どこで買っても同じだから

最安ショップから購入しよう』と

考えると痛い目を見ます。

 

大抵の場合は、

相場よりも明らかに安い価格の商品は

結合部のネジがしっかり嵌っていなかったり、

塗装が剥げていたりと品質に問題があることが多いです。

 

厳密にいうと、これ詐欺ではないですが、

トラブルになることは間違いありません。

不良品が多い商品を仕入れると、

返品が多くなりますので、商品の利益が吹き飛んでしまいます。

 

代行業者の検品で不良品が分かったとしても、

貴重な時間を無駄にしてしまうので、

仕入れる際は最安値ショップを避けるようにしましょう。

 

では、仕入れる価格帯をですが

その商品の価格で最も多い価格帯から

購入するのが無難になります。

 

↓このシートは45元が価格帯のボリュームゾーンです

 

もし、どうしても安い価格帯で購入したい場合は、

タオバオのショップページを参考にします。

そのショップの取引履歴の評価を見て、その商品のレビューを見てみましょう。

中国輸入 タオバオ輸入で失敗しないためのショップを選ぶ方法を解説

タオバオ輸入 サイトの商品ページの見かたを写真付で解説

 

これらを見て問題がなさそうであれば、

次に説明するテスト仕入れをしてみます。

 

対策その3:少量のテスト仕入れをしてみる

初めての商品、初めてのショップから購入する時は、

いきなり10個単位で仕入れるのではなく、

少量を仕入れてテスト仕入れをします。

 

テスト仕入れをして、不良品率や商品の品質を確認し、

問題がなければ本格的に仕入れをしてきましょう。

 

テスト仕入れの検品の際に、代行業者に塗装の剥げ等、

特にチェックして欲しい箇所を伝えておくと、

スムースに品質チェックが可能です。

 

この品質チェックは、

代行業者との関係が浅いと甘いことがありますが、

長く付きあうほど、こちらの意図を汲み取って

時間をかけてくれるようになります。

 

中国人は日本人以上に信用第一になりますので、

時間をかけてビジネス関係を気づいていくと、

それだけで新規参入者よりも優位に立てるので、

一つの代行業者やサプライヤーと長く付き合うことを心掛けてみてください。

 

対策その4:代行業者に商品写真を送ってもらう

代行業者が検品をした後に、日本に発送する前に、

商品の写真を撮影してもらいましょう。

商品写真を撮影してもらうことで、

商品について日本側でもチェックをすることができます。

 

ちなみに写真撮影は手間がかかるので、

簡易検品だけだと断られることが多いです。

 

このため、追加オプションの開梱検品にして、

検品直後にスマホで撮影をしてもらったり、

商品をまとめて撮影してもらうなど

業者の手間を減らすような方法を提案すると、

引き受けてくれやすくなります。

 

まとめ

以上が中国から商品を仕入れる時に

詐欺に遭わない具体的な方法になります。

 

これらを実践すれば、

詐欺に遭って商品が送られてこなかったり、

不良品の山が送られてくるということはなくなります。

 

すべてを実践することが難しい場合は1と3だけでも

実践すれば、トラブルの数が減っていくのでお試しください。

 

最安ショップから購入しなくても

十分に利益が出るリサーチ方法は

メルマガでお伝えしているので、

ご興味があればメルマガ登録をお願いします。

メルマガ登録

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

↓下記のメルマガや記事も参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください