メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

中国輸入の仕入れサイト、アリババ、タオバオ、eBayの特徴を紹介

中国輸入の仕入れサイト、アリババ、タオバオ、eBayの特徴を紹介

こんにちは、トーマスです。

今回は中国輸入ビジネスの仕入れサイトの特徴を解説します。

 

仕入れサイトとは、日本のアマゾンやヤフオク、メルカリで

販売する商品を購入するショップになります。

海外にも日本のヤフオクやアマゾンのようなネットショップがあるので

そこから仕入れるとクリックするだけで簡単に仕入れることができます。

 

中国輸入ビジネスの仕入れに使うショップはeBay、アリババ、

タオバオがあり、各サイトによって販売している商品のカテゴリーや

購入方法が違います。

 

日本で売る商品によって仕入れサイトを変えると、

より利益を取れるようになるので、各サイトの特徴を掴んで、

商品によって上手く仕入れサイトを変えていきましょう!

 

↓この記事は約5分30秒の動画で解説しています。

eBayの特徴

eBayは世界最大のインターネットオークションサイトで、

世界中から商品を仕入れることができます。

中国からも出品されているので、中国輸入ビジネスでも使えます。

 

支払いはペイパルを通して、クレジットカードで代金が引き落とされます。

eBayでの取引は自動化されていて、販売者と直接やり取りせずに

取引ができるので、海外通販サイトと変わりなく使うことができます。

20120915ebay-gets-a-creative-makeover-with-new-logo-1

 

eBayのメリット

eBayの最大の強みは商品を1個から仕入れることができることです。

 

価格という点ではアリババの方が安価ですが、アリババは20個~50個の

最小注文数があるため、売れそうな商品が見つかっても、

初めから多くの商品数を仕入れるのはリスクが高いです。

 

まずはeBayで5個を程度を仕入れて、テスト販売から始めていきましょう。

 

eBayのデメリット

eBayのデメリットは、粗悪品や偽物が多いことです。

eBayと同じ商品がアリババでも売られていますが、

価格が明らかにアリババより安ければ、粗悪品の可能性が高いです。

eBayを使って仕入れる際は、それらの見極め方法が重要になります。

 

また、eBayの発送方法はほとんどが航空便やSAL便なので、

日本へ商品が到着するまで時間がかかります

在庫が切れそうな時に仕入れても手遅れなので、

在庫補充は計画的に行っていきましょう。

 

アリババの特徴

アリババは、世界最大のオンライン取引のマッチングサイトで、

中国で生産される商品はほぼすべてここで購入することができます。

サプライヤーから直接買い付けるために、生産者価格で購入できるので、

商品を安価に仕入れることができます。

 

支払いはクレジットカードやペイパル、マネーグラムなどを使うことができます。

加えて、アリペイというアリババの決済システムを使えば、

返金保証がありますので安全に仕入れることができます。

 

商品発送は基本的にDHLやFedexなので、

支払いから1週間程度で商品を受け取ることができます。

photo

 

アリババのメリット

アリババのメリットはとにかく安く仕入れることができるということです。

アリババを使うと中国の工場から直接買い付けることができるので、

eBayやタオバオの価格にくらべて2~3割安く仕入れることができます。

 

また、仕入れの際に直接サプライヤーと連絡をするので、

信用できるサプライヤーかどうか見極めることができます。

 

アリババのデメリット

アリババでは殆どのサプライヤーが20個~50個の最小注文数を設けていて、

1個や5個などの小ロットで仕入れることができません。

価格が安いからと言って、商品リサーチで見つけた商品を

いきなり50個も仕入れるのはリスクが高いです。

 

しかし、アリババだけでなく他のプラットフォームを組み合わせて使えば、

商品をより安く仕入れることができるようになります。

 

タオバオの特徴

中国ネット販売の70%以上が取引される中国最大のショッピングモールであり、

世界的に見ても1位2位を争うくらいの巨大な市場です。

アパレルや玩具、アクセサリーや電化製品、化粧品や雑貨などのカテゴリーがあり、

なんでも取り扱っている商品数は10億点以上あるとか。

 

タオバオは出品しているのが個人が多いため、

日本で例えるならばヤフオクに近いかもしれません。

個人が出品しているので、eBayと同じく小ロットからでも購入できます。

taobao-market-logo

タオバオのメリット

商品のバリエーション、店舗数、使いやすさ共に一番おすすめです。

余談ですがタオバオには「見つからない宝はない」という意味があります。

これから中国輸入ビジネスを始める人は、まずはタオバオを使ってみましょう。

国内仕入れプラットフォームについて

国内から仕入れたら『輸入』ということになりませんが、

ヤフオクやアマゾンで売る商品を国内から仕入れることができます。

 

国内仕入れでは利益を取れる商品を見つけることが難しいですが、

品切れなどの急に商品が入用な時など、即座に仕入れることができるため、

非常時の際は役に立ちます。

 

 

以上が商品仕入れに使うプラットフォームになります。

 

各プラットフォームに特徴があるので、それぞれを理解しておきましょう。

各プラットフォームの特徴を深堀りした記事や登録方法、

実際に仕入れる方法などは関連記事をご参照ください。

中国輸入 eBay仕入れのメリットと利益約1000円の商品を紹介

アリババの特徴とアリババ仕入れのメリット・デメリットを解説!

【中国輸入】タオバオ仕入れのメリットとデメリット、諸経費を解説!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

↓下記の関連記事も参考にしていただければ幸いです。

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK