教科書を無料ダウンロード!

 

※教科書は登録後のメールでお送りします

メルカリ初心者 トラブル回避に必須!購入者を見極める方法

メルカリ初心者 トラブル回避に必須!購入者を見極める方法

こんにちは、トーマスです。

今回は取引トラブルを避けるために購入者を見極める方法と、

メルカリ詐欺の手口とその対策をご紹介します。

  

みなさんはメルカリで販売する際に購入者を選んでいますか? 

基本的にお客様は神様ですので商品を買いたい方に商品を売るでしょう。

 

だけど、少し待ってください。 

商品を売ったために、お客さんとトラブルになることはないでしょうか?

残念ながらお客さんの中には度を越えた要求をしてくる人もいます。 

過去に私が実際に受けたクレームを下にご紹介します。 

 

・時計を6カ月間、毎日腕につけていたら
 何の前触れもなくベルト留め具が壊れたので交換してほしい。

・スマホのガラスフィルムカバーを付ける時に、
 普通に付けたがヒビが入ったのでこれは不良品だ!!

・商品説明に電源ケーブルの長さが1mとあるが実際は98cmしかない。
    商品説明と違うから返品して、長さ1mのものを速達で送れ!

 

これらの購入者のプロフィールや評価を見ると、

過去の取引からクレームを つけてきそうな雰囲気がわかります。

  

もし、運悪くクレーマーにあたってしまい、相手のクレームに対処したり、

何かトラブルに巻き込まれてしまうと精神を消耗してしまいます 

利益1000円や2000円のために精神を消耗するのは割に合いません。

 

お客さんがトラブルを起こしそうな人かどうかを事前に察知して、 

トラブルを回避できれば取引もスムースに行きます。

    

トラブルを回避するためには購入者の過去評価やプロフィールを見れば、

大体わかります。

しかし、今回はあなたのために判断のポイントをご紹介します。 

 

↓この記事は約5分の動画で解説します。

 

トラブル回避のために購入者の評価を確認する

お客さんの取引評価で『良い』『悪い』の割合を確認をしていると思います。 

私は評価数や割合に加えて以下のように購入者を見極めます。 

  • 購入者の購入時の評価に悪い評価のコメントを確認する
  • 購入者の出品時の評価も確認する

 

購入者の購入時の評価に悪い評価のコメントを確認する

もし購入者に『悪い』評価が3%を超えていたら、悪い評価を受けた取引の

コメントを見て、その評価理由を見てみます。

 

例えば、 

『クレームの多い人でうんざりです、取引を行う方は注意してください』

 

 このようなコメントがあった場合は速やかに取引キャンセルをします。 

過去のトラブルはあなたの取引でも起こる可能性も高いため、

トラブルになる可能性が比較的高い購入者になります。

   

購入者の出品時の評価も確認する

これは購入者が過去に取引相手につけた評価を確認することがポイントです。 

 

理由として、時々メルカリでは商品状態が説明通りで、

相手がそつなく対応しても相手に対して当たり前のように

『普通』評価をつけている人がいるためです。

 

その人にとっては何事もなかったから『普通』なのかもしれませんが、 

こちらは何の落ち度もなく普通評価されたら驚きますよね。 

 

また、残念ながら人によって『普通』評価を悪く見る人がいますので、 

メルカリ出品者にはこのような評価が死活問題となります。  

評価を守るためにも、このような人とは取引を避けたほうが無難です。

  

メルカリ詐欺の手口とその対策

稀にですがメルカリでは『商品を相手に発送して届いているけど、

相手から代金を受け取れない』というような詐欺事件があります。

このような詐欺のパターンは次の2つが考えられます。

 

メルカリ以外の場所で直接取引を持ちかけられる

メルカリでは取引の際に、購入者からの代金支払いをメルカリが預かり、

商品が購入者に無事に届いた後に、双方が互いに評価をすることで

はじめて出品者に商品代金が支払われます

 

取引でメルカリが代金支払いの仲介を行うために、

購入者も出品者も不正ができないようになっています。

そのため、詐欺をしようとする人はメルカリを仲介させずに

代金を直接口座に先払いするように言ってきます

 

もし購入者が連絡先を聞いて来た場合は無視しましょう

あまりにしつこい場合は、メルカリ事務局に問い合わせをしましょう。

 

もし直接取引をして、事務局にばれた場合はアカウント停止になります。

直接取引には絶対応じないようにしましょう。

 

本当は商品を受け取っているのに嘘をついて返金を求める

上記の仕組みにより、購入者に商品が届かなければ代金が支払われません

これを悪用し、実際は購入者に商品が届いていても、

届いていないと嘘をついて返金を求めてくる輩がいます。

 

このような詐欺には、商品発送でらくらくメルカリ便や宅急便、

ゆうパックなど追跡番号がある発送方法を選びましょう。

 

追跡番号で調べた結果、相手が嘘をついていることが分かれば

メルカリ事務局に速やかに報告しましょう。

事務局がすぐに対応をしてくれます。

 

 

いかがでしょうか?

 

経験上98%の購入者はとても取引がしやすいのですが、

残念ながら残りの2%はトラブルになりやすい方がいるのも事実です。

 

トラブルになった場合、本当に神経をすり減らすことになるので、

事前に購入者を見極めて無用のトラブルを回避するようにしましょう。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

↓下記の記事も参考にしていただければ幸いです。

これらの続きはアクロス・ザ・ボーダーのコミュニティ通信にて配布!

コミュニティ通信へ無料で登録

 

月収400万円を稼いだノウハウを期間限定プレゼント中!


海外を旅しながら月収400万円を稼ぐトーマスが贈る輸入ビジネス+マーケティングの総合教科書。

【商品リサーチからヤフオク販売、アマゾン販売を駆使した中国輸入ビジネス】

【1日10分の作業で輸入ビジネスが自動的に回る仕組み化、自動化ノウハウ】

【ブログからメルマガを使ったダイレクトレスポンスマーケティングで自動化収入100万円を得る方法】など

輸入ビジネス+マーケティングという今までにない組み合わせで月収100万円を自動で稼ぐノウハウを詰め込んだ教科書で多数の実績者を輩出する。

【登録して教科書を無料で受け取る】


 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

COMMENT ON FACEBOOK