メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

中国輸入ビジネスが忙しいサラリーマンに最適な4つの理由

中国輸入ビジネスが忙しいサラリーマンに最適な4つの理由

こんにちは、トーマスです。

 

前回に輸入ビジネスの概要について例を挙げながら説明をしました。

読めばわかる!中国輸入+転売が副業に最適なワケを徹底解説

読めばわかる!中国輸入+転売が副業に最適なワケを徹底解説

 

今回は輸入ビジネスの魅力について紹介し、

なぜサラリーマンの副業に最適であるかを説明します。

 

(↓動画で約3分で解説をしています)

 

中国輸入ビジネスがサラリーマンに最適な理由

中国輸入ビジネスの魅力は以下の4点に集約されます。

  1. 利益率が高い
  2. リスクが少ない
  3. 少ない資金で初めて、ビジネスを一人でできる
  4. すべての作業がインターネット上で完結する

 それでは一つ一つ見ていきましょう。 

 

利益率が高く、リスクが少ない

ビジネスにおいて利益率が高いことは正義です。

個人ビジネスでは資金や時間が限られているため、

少ない資金や時間で最大限の利益を出せるビジネスを選択しなければなりません。

 

中国輸入ビジネスの利益率は30~50%であり、他に類を見ない高い数字です。

一般的な製造業の利益率は~10%、株取引やFXも有名なファンドマネージャーの

目標利益率は5%程度です。

これらの数字に比べて、利益30~50%が如何に高いかお判りでしょう。

 

リスクが少ない

また、中国輸入ビジネスは株取引と違い、リスクが少ないビジネスです。

輸入ビジネスで最もお金を使うところは商品仕入れですが、

商品はいつか売れて現金化します。

たとえ目標金額で売れなくても、安売りセールをすれば投下資金を回収できます。

 

仕入れたある商品がリサーチミスや競合の出現により売れなくなり、

投げ売りをすることになったとします。

この場合も他の商品が売れていれば、利益率の高さと相まって

ビジネス全体では必ず利益が出ます

 

リサーチをしっかりと行っていれば、売れるものを仕入れることが

できるためリスクを最小化できます。

リサーチはビジネスの肝なので、後ほど力を入れて解説します。

 

少ない資金で始めることができる

輸入ビジネスは他と違い、少ない資金で始めることができます。

これは商品をインターネットを通じて売るため、

実際のお店(実店舗)や従業員が必要ないからです。

 

インターネットを通じて商品仕入れを行い、商品を販売するため、

初期投資が1万円もかかりません(PCやスマホ代は別)。

商品の仕入れも2~3万円から始めることができます。

 

2-3万円で仕入れた商品を売って、その利益を次の仕入れに使うということを

繰返していけば、少ない元手をどんどん増やしていくことができます。

 

私も最初の仕入れは約3万円から開始し、利益を再投資していった結果、

僅か10か月で元手220万円まで増えました

厳選して売れる商品を仕入れば、あなたもこの程度は楽勝で達成できます。

 

 

作業を一人でできて、インターネット上で完結する

輸入ビジネスは仕入れから発送まで一人でできます。

 

サラリーマンのみなさんはご存知と思いますが、

他人との調整といった煩わしいことをする必要がありません。

インターネット上ですべてが完結するために、

自分のペースで、好きな時間に作業をすることができます

 

出勤前の空き時間、通勤時間、昼休み、客先への移動時間等々、

日常の中のスキマ時間にスマホを使って作業することができるため、

あなたの生活スタイルを崩さなくても副業することができます。

 

上記の3点をまとめると、輸入ビジネスとは

1.かける時間が少なくても簡単に月収10万円以上を稼げ、

2.借金をせずに気軽に手持ち金で始めることができ、

3.全てインターネット上で完結するため職場にばれずにできる、

という夢のようなビジネスと言えます。

 

このように輸入ビジネスは忙しいサラリーマンの副業に

ぴったりであることがお判りでしょう。

当然、ビジネスを行ううえでリスクはありますが、

準備をしていれば回避できます。

 

ビジネスのリスクは下記の記事をご参照ください。 

これで大丈夫!中国輸入ビジネスの6つのリスクとその対策

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

↓下記の関連記事もお読みいただければ幸いです。

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK