メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

読めばわかる!中国輸入+転売が副業に最適なワケを徹底解説

読めばわかる!中国輸入+転売が副業に最適なワケを徹底解説

こんにちは、トーマスと申します、宜しくお願いします。

 

このページを読んだあなたが輸入ビジネスで稼げるように、

解説する記事を作っていきます。

慣れないこともあるかと思いますが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

ここではこの記事では中国輸入ビジネスを始める前に、

そもそも輸入ビジネスとは?ということを説明します。

 

(↓動画で約3分で解説しています)

 

輸入ビジネスとは?

輸入ビジネスとは海外から商品を仕入れて、

国内や海外に仕入れた商品を販売することを言います。

持続可能なビジネスとするためには、下記のようにお金を儲けなければいけません。

商品売値>商品の仕入れ値+商品の仕入れから販売に関する諸経費

 

上記について具体例を挙げます。

容量64GBのSimフリーiphone6sを香港から6万円で仕入れて、

日本国内のインターネットショップで10万円にて販売した。

商品取引の際に、iphone6sの発送料や商品梱包材費、

インターネットショップの月額使用料、ネット接続料などが

5千円掛かった。

 

この取引では商品売値、商品の仕入れ値、諸経費は下記のようになります。

商品売値:iphone6sを販売して受け取った10万円

商品仕入れ値:iphone6sを香港から購入する際に払った6万円

諸経費:発送料や梱包材費、ネット接続料など

 

商品売値から仕入値と諸経費を引いた額が『利益』となります。

輸入ビジネスとは、海外から商品を仕入れて自分で販売することを繰返して

『利益』を積み上げていくことを言います。

 

 

中国輸入ビジネスとその仕事の流れ

これを中国から仕入れることと中国輸入ビジネスと言い、

実際にやることは大きく分けて7つです。

  1. 商品のリサーチ
  2. 商品の仕入れ
  3. 在庫の管理
  4. 商品販売
  5. 代金受け取り
  6. 商品発送
  7. アフターケア

各項目の詳細は以下の記事で解説しております。

これなら毎日続く!中国輸入ビジネスで作業は7つで十分!

これなら毎日続く!中国輸入ビジネスの作業は7つで十分!

 

中国輸入ビジネスの利点は上記の1から7まですべてネット上でできることです。

実際に行うビジネスを文にすると次のようになります。

eBayやタオバオで商品を仕入れて、国内のヤフオクやアマゾンで

商品を販売し、商品代金はインターネットバンキングに振り込んでもらい、

発送代行業者にメールをして商品発送を行う。

 

このように輸入ビジネスは徹頭徹尾、インターネット上で物事が完結します

仕入れ先やお客様と会ってやり取りをしなくてよいので、

仕事の時間も自由に決めることができます。

 

これがサラリーマンの副業として輸入ビジネスが選ばれる理由ですね。

私も昼間はサラリーマンをやっていますが、夜に1日に1時間30分の作業するだけで

副業だけで月収80万円を稼いでいます。

副業だけで月収20万円程度なら、週に2~3時間作業をするだけで可能です。

 

しかも、ビジネスを自動化すれば、勝手に銀行口座にお金が振り込まれてきます。

実際にこの状況になると人生観が変わるほどの快感なので、

この快感を是非あなたにも味わっていただければと思います。

 

輸入ビジネスは合法?違法?転売ではないの?

なかには個人輸入ビジネスを行う人を『転売屋』と呼ぶ方もいますが、

この転売屋も実は社会の役に立っています。

 

今日ではほとんど製品は海外で作られて、日本に輸入されています。

中国や東南アジアで生産された製品は、大量に仕入れて日本に持ち込む一次卸問屋、

国内で小分けに売る二次卸問屋といった中間業者を通じて小売店で売られています。

 

この過程で各業者が手数料を抜いていくため、

小売価格は生産価格よりとても高くなっています。

 

しかし、日本の小売店が直接中国から製品を仕入れて消費者に販売した場合、

中間業者を通さないために手数料がかからずに小売価格が安くなります。

 

これを再びiphone6sを例に挙げて如何に説明します。

容量64GBのSimフリーiphone6sの香港での売値は65,000円、

日本で香港版を買うと110,000円になり、その価格差45,000円が

中間業者の手数料になります。

ここで、あなたが香港から直接iphone6sを65,000円で仕入れ、

経費5,000円を使って販売します。

この時、あなたが利益20,000円を抜いても売値は90,000円となり、

あなたが利益を得ているにかかわらず、業者の売値より20,000円も

安くなります。

 

中間業者を省くだけで、あなたも利益が取れて購入者も安く製品が手に入ります。

輸入ビジネスは製品をお客様に安く提供するための役割を果たしているといえます。

 

 

このように個人で行う輸入ビジネスとは難しいことではなく、

自分の空き時間を使ってお金を稼ぐことができ、

社会の役にも立つというものになります。

 

次回は中国輸入ビジネスの魅力について掘り下げていきたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。

 

 

↓下記の関連記事も宜しければご参照ください。

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 越中

    中国輸入に関して具体例を用いて分かりやすい解説ありがとうございます。

    トーマスさんの中国輸入の考え方を学ばさせて頂きますので今後もよろしくお願いします。

    • By Thomas55

      >越中様
      コメントをありがとうございます。
      何かわかりにくいことなどございましたら、お気軽に問い合わせでもコメントからでもお聞きください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK