メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

アマゾン中国輸入 商標権を調べてオリジナル商品に相乗りする方法

アマゾン中国輸入 商標権を調べてオリジナル商品に相乗りする方法

こんにちは、トーマスです。

今回はアマゾンのオリジナル商品ページ

相乗り出品ができるかどうか調べる方法を説明します。

 

アマゾンで相乗り出品するためには、商品がノーブランド品であるか、

もしブランド品の場合は本物である必要があります。

オリジナル商品のページにはブランド名が書かれていますね。

このブランド品というのは『商標登録されている商品』ということになります。

(↑クリックで拡大)

 

アマゾンの出品規約では『商標権のある商品の複製品』

出品することを禁止しています。

 

例えば、ルイヴィトンのバッグの商品ページに精巧なコピー品を販売していたら

それは出品規約違反になります。それ以前に犯罪行為ですが。。。。

これは何も上記のスーパーブランドに限ったことではなく、

全てのマイナーブランドでも同じことです

 

ここまではわかりやすいです。

 

しかし、ちょっと待ってください。

ブランド名が商品ページに登録されているにも関わらず、

複数の出品者が相乗りしている商品を見たことがありませんか?

(↑クリックで拡大)

 

これは、3つのケースが考えられます。

  1. 相乗り出品者が『本物』を出品している
  2. 相乗り出品者が『無許可のコピー品』を販売している
  3. 実はその商品に商標権がなくノーブランド品である

アマゾンのオリジナル商品のページでは1.はほぼ考えられません。

 

2.はありがちなケースで、商標登録されているオリジナル商品に

同じ中国輸入のノーブランド品を仕入れて販売しているケースです。

これは出品規約違反になるので、

相乗り出品者はアマゾンから出品停止を通告されるでしょう。

 

今回重要になるのは3です。

ただのノーブランド品に、商品ページでブランド名を登録して

新規出品しているケースです。

しかし、これはただのノーブランド品出品なので、

同じ商品を中国から仕入れて相乗り出品することができます

 

アマゾン商品リサーチでは、

このようなノーブランド品だけどオリジナル商品として登録している

商品を見つけて相乗り出品すると稼げることが多いです。

 

なぜなら、商標権があるように装っているので

多くの人が相乗り出品をためらうためにライバルが少ないからです。

 

今回はこのオリジナル商品に相乗りできるかどうか調べる方法について説明をします。

今回は商標権についてさらっと触れて、

実際の商品を例にとりながらその方法を動画と記事で解説していきます。

 

商標権とはなんぞや

商標権とは以下になります。

商標(しょうひょう、trademark, ™、トレードマーク、service mark, ℠、サービスマーク )とは、商品を購入し、あるいは役務(サービス)の提供を受ける需要者が、その商品や役務の出所(誰が提供しているか)を認識可能とするための標識(文字、図形、記号、立体的形状、色彩、音など)をいう。

Wilkipedia『商標』より

商標権を端的に言うと商標(ブランド)を独占的に使う権利なります。

パナソニック、ルイヴィトンなども商標ですね。

例えば『パナソニック』の商標権を持っている人・会社は、

自社の製品に『パナソニック』というブランドを付ける権利があります。

 

このブランドがついた製品は信用力が高いので、

特に宣伝しなくても売れたり、他の類似品よりも高く売れたります。

 

一方、商標権のない第三者が無許可で自分の作った製品に

『パナソニック』というブランド名をつけて売り出したら、

ブランドの信用力にただ乗りしていることになります。

これは商標権の侵害という犯罪になります。

 

アマゾンでブランド品に相乗り出品するということは、

  • 本物を仕入れて、販売している
  • 商標権の保有者から許可を得て、製品を作って販売する

ということになり、中国輸入のオリジナル商品でどちらも考えにくいですね。

これが商標権がある商品に相乗りできないと言われている理由になります。

 

ここまででお気づきかと思いますが上記は商標権がある場合に限ります

商標権がなければただのノーブランド品なので相乗り出品できます。

ロゴがついていても、ロゴがついているノーブランド品になります。

 

商標権を調べる方法:J-platpat(特許情報プラットフォーム)の使い方

ここからブランドに商標権の有無を調べる方法について説明します。

 

まず、特許情報プラットフォームに行きます。

J-platpat(特許情報プラットフォーム)

 

ここで『商標を探す』を選択して、ブランド名を検索すると、

そのブランド含んだ商標があれば表示されます。

(↑クリックで拡大)

 

ここから実際の商品を例にとりながら説明をしていきます。

 

相乗り出品できないケース

始めに商標権があって相乗りできない商品を例にとります。

(↑クリックで拡大)

 

こちらの商品のブランド名は『ライフシステム』になります。

このブランド名をJ-platpatで調べてみましょう。

(↑クリックで拡大)

 

2件のヒットがあるので、これらの商標の詳細を見ていきましょう。

『一覧表示』をクリックします。

(↑クリックで拡大)

 

商標権の『東京ライフシステム』の商標区分は

『紙類,印刷物,文房具類』となり、本商品の水道蛇口と明らかに違います。

 

それでは『Life system』の方はどうでしょうか?

こちらの区分は『蛇口,便所ユニット,浴室ユニット,水道用栓,

水道蛇口用座金』であり、まさにこの商品の商品区分になります。

(↑クリックで拡大)

 

現在、Life system(ライフシステム)という商標は申請中ですが、

認可されれば商標権を持つことになるので、

他の出品者は相乗りできなくなりますね。

 

商標権があるブランドの商品に加えて、

現在申請中の商品も相乗り出品は避けた方が無難でしょう。

 

相乗り出品できるケース

次にオリジナル商品で相乗り出品できるケースを見ていきます。

こちらの商品を見てください。

(↑クリックで拡大)

 

こちらの商品の商標は『OHMI(近江ヘルスケア)』とあります。

この商標は日本語と英語で書いてあるのでJ-platpatで検索する際に、

『OHMI』と『近江ヘルスケア』で検索をします。

 

まず『OHMI』で検索すると3件ヒットします。

(↑クリックで拡大)

 

この3件の商品区分を見ると、この商品とは関係なさそうです。

(↑クリックで拡大)

 

この商品に関係する『OHMI』という商標はないことがわかります。

 

次に『近江ヘルスケア』を調べると検索結果は0件、

『近江ヘルスケア』という商標自体がありません

 

このため、この商品はオリジナル商品として登録されていますが

ノーブランド品であり、相乗り出品が可能ということになります。

 

タオバオではこのような頸椎器が売られているので

本商品と同じものを仕入れて相乗り出品することが出来ますね。

(↑クリックで拡大)

 

遠慮なく相乗りをさせてもらいましょう^^

 

 

いかがでしょうか。

以上がオリジナル商品に相乗り出品できるか調べる方法になります。

 

アマゾン出品者の多くは相乗り出品を防ぐために

オリジナル商品ページを作っていますが、結局はノーブランド品です。

 

そのような商品を見つけて相乗り出品ができれば

ライバルが少なくて利益率が高いので、

上記の方法で商標権を調べて遠慮なく相乗りさせてもらいましょう。

 

最後まで読んで戴きありがとうございました。

 

↓下記の記事も参考にしていただければ幸いです。

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK