メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

アマゾン中国輸入 出品調査に通った経験から具体的な対応方法を紹介

アマゾン中国輸入 出品調査に通った経験から具体的な対応方法を紹介

こんにちは、トーマスです。

今回はアマゾンの出品調査への具体的な対応方法を解説します。

 

最近はアマゾンOEM商品の開発に力を入れていて、

オリジナルブランド商品を次々に出品しています。

 

しかし、オリジナル商品は良いですね!

オリジナル商品を開発する前にしっかりと売れ行きの

リサーチしなければいけませんが、当たればデカいです。

 

常時、アマゾンランキング10000位内に入るような商品であれば、

一カ月に80個は売れていきます。

しかも、ノーブランド商品と違って相乗りされない

お客さんのニーズに沿ったオリジナル商品を作ることができれば、

その商品1品だけで月収10万円以上も稼ぎだしてくれます。

 

そのような素晴らしいオリジナル商品ですが、

出品後に注意することがあります。

アマゾン出品調査です。

 

この出品調査はアマゾン運営が行う商品チェックであり、

ある特定の商品が規約違反していないかどうか審査されます。

もし、商品が規約違反だと判断されれば強制的に出品停止になります。

アマゾンへ提出する書類に不備があっても出品停止になります。

 

もし、月に10万円を稼ぐ優良商品が出品停止になった場合は、

それだけで月収10万円分の収入がなくなってしまいます。

このため、出品調査には慎重に対応する必要があります。

 

 

幸い(?)にも私は良いケーススタディがあり、

過去に同じオリジナル商品が、2回も出品調査の対象になりました。

 

一回目は審査が通らずに出品停止にされましたが、その商品を返送して、

全く同じ商品ページを作り、再度販売したところ再度の出品調査が来ました。

二回目は書類をしっかりと用意して提出したら、無事に審査を通ったので、

審査に通りやすい対応方法がわかります。

 

この経験から出品調査を無事に切り抜ける方法を共有したいと思います。

長くなりますが、せっかくレビューが溜まった商品が出品制限されると、

収入が激減してしまうので最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

アマゾン出品調査とは

出品調査とはアマゾン運営側が行う出品者のチェックです。

出品調査により、出品者の商品が偽物ではないか?

規約に違反した商品ではないか?ということを調べていきます。

 

審査の結果、商品が規約違反であると判断された場合は出品制限されます

・・・まさに問答無用でした(経験談)。

 

アマゾンとしてはマケプレ出品者に偽物や怪しい商品を販売されると

アマゾンの信頼がなくなるため、マケプレ出品者をしっかりと

チェックしなければいけないでしょう。

 

出品調査の対象商品は無作為に選ばれるはずですが、

返品率が高い商品や返品理由に『偽物だ!』というような通報があると

出品調査を受けやすくなります。

 

出品調査の流れ

出品調査の際はアマゾン運営からメールが送られてきます。

普段とは違うメールアドレスからメールが送られてくるので、

アマゾンに登録したメアドは定期的にチェックしましょう。

 

アドレス:pq-offer-review@amazon.co.jp
件名:要ご対応:出品調査のご連絡

 

また、セラーセントラルの通知でも知らせてくれますので、

こちらのほうがチェックが簡単かもしれません。

 

ちなみに出品調査連絡のメールから7日間以内に対応をしないと、

これまた問答無用で出品制限されてしまいます。

 

 

出品調査では、アマゾンが審査に必要な書類を通知してくるので、

しっかりと要望に沿った書類を提出しましょう。

書類情報に不備があると即座に出品が制限されてしまいますので注意です。

 

書類は出品調査メールへの返信に添付をします。

もし、送付した書類だけでは情報が足りない場合は、

後日に追加書類が求められますので真摯に対応していきましょう。

 

その後はアマゾンが書類をチェックして、2,3日以内に審査の結果が通達されます。

 

必要な書類・必要な情報

出品調査でアマゾンに提出する書類は下記になります。

–仕入れ先から発行された、発行日から365日以内の請求書、または領収書の写し。これらは、同一期間中の出品者様の販売数と対応している必要があります。

–仕入れ先の連絡先情報(名前、電話番号、住所、ウェブサイトを含めてください)。

 

ファイル形式は.pdf、.jpg、.png、.gifで送信してください。これらの書類は、改訂されていない、正規の資料である必要があります。Amazonから仕入れ先に連絡し、提出書類について確認させていただく場合がございますのでご了承ください。価格情報は削除することができますが、書類のそれ以外の部分は明示されている必要があります。

出品調査依頼のメールより

 

提出する書類は『請求書』『領収書』の写しになります。

もし上記のどちらかでなければ、たとえ必要な情報が書いてあっても、

書類の不備として扱われ、即座に出品停止にされます(経験談)。

 

また、書類は日本語で無ければいけません。

グローバル企業ですが日本語書類が必須らしいです。

具体的に審査に通りやすい書類の形式は後述します。

 

審査に落ちるとどうなる?

書類審査の結果、問題なしと判断されれば再出品可能になります。

一方、商品が規約違反と判断された場合は、その商品の出品が制限され、

たとえ在庫があったとしても出品が停止されます。

 

もし、出品停止の理由が書類不備である場合は

2週間~4週間程度の猶予期間が設けられます。

猶予期間中に書類を再提出すれば出品制限が解けるかもしれません。

 

 

しかし、基本的に出品制限をかけられた商品は再出品できないので、

在庫は返送するか廃棄するしかありません。

もし、出品制限をかけられた商品が数十個、数百個もFBA倉庫にあると、

在庫を抱えて途方に暮れることになります。

新しく商品ページを作るにしても、一度返送して、

FBAラベルを貼りなおさなければいけないません。

 

 

ちなみに審査に落ちても、その規約違反箇所を教えてくれません

異議を申し立てても事務的な回答しか来ないのであきらめましょう。

 

ビジネス仲間からeBayで仕入れた本物保証のあるブランド品ですら

出品調査の審査に落ちたということを聞きました。

同じタイミングで3品を出品調査され、2品が合格、1品が審査落ち、

になったそうなので、アマゾンの判断基準は謎に包まれています

 

審査を担当するアカウントスペシャリストの感性によって

判断基準が違うのかもしれませんね。

ですので、国内の家電量販店や百貨店で仕入れたのなら大丈夫ですが、

輸入品を取り扱っている限りは、適切な書類を提出したからと言って、

出品調査は100%大丈夫!とは言い切れないのが辛いところです。

 

しかし、私が同じ商品で出品調査をされ、1回は審査で落ちて、

その次は審査に通った経験から、審査に通りやすい対応方法をご紹介します。

 

出品調査への具体的な対応方法

出品調査で審査に通るには下記の2点に気を付ければ大丈夫です。

  • 規約違反の商品を出品しない
  • 出品調査でアマゾンの求めに応じた書類を提出する

1点目は出品する商品カテゴリーの規約を読み込めば問題ないですね。

面倒くさがらずに事前にしっかりと読み込みましょう。

 

ここでは2点目について説明をします。

出品調査で提出する書類は『請求書』か『領収書』の写しになります。

 

出品調査の対象商品を購入した時の請求書が用意しやすいと思います。

中国輸入では、基本的に代行業者を通じて商品を仕入れるので、

代行業者に請求書を発行してもらいましょう

 

代行業者に日本語の請求書を発行してもらうのが難しい場合もあるので、

あらかじめフォーマットをこちらで用意して、

それに必要事項を埋めてもらうのもいいかもしれませんね。

 

私がアマゾンに提出した請求書は下記の形式になります。

(↑クリックで拡大)

①発行日・請求書番号
②購入者(こちら側)のショップ名と住所・担当者名
③代金支払い期限、支払金額
④振込先口座
⑤購入する商品・単価・個数・合計額
⑥仕入れ先情報(名前、電話番号、住所、ウェブサイト)
⑦商品写真やJANコード、ASINは別紙を用意

 

この形式であれば、アマゾンの求める下記の情報が記載されています。

・商品購入日
・仕入れ商品の商品名
・仕入れ商品の個数
・仕入れ商品の単価および合計額
・仕入れ先の店舗名
・仕入れ先電話番号
・仕入れ先住所
・仕入れ先ウェブサイト

 

これに加えて、各商品の写真やJANコード、ASINがあれば、

それらがわかる別紙を用意しておけば、アマゾン側もわかりやすくなり

審査に通りやすくなります。

 

このような請求書は、日本語の話せる代行業者を選び、

良い関係を築いていれば快く発行してくれます。

アマゾンから出品調査連絡が来たら、請求書の原紙をスキャンして

pdf形式で返信すれば問題ないでしょう。

 

この請求書のテンプレートをメルマガ登録の特典で配布しているので、

ご興味があればどうぞ^^v

 

なぜ最近、出品調査が増えているのか?

アマゾンの出品調査は昔から定期的に行われてきましたが、

最近は特に頻繁に調査されているようです。

アマゾンのビジネス仲間で集まると、毎回必ず話題に出ますね。

 

出品調査が多くなった理由として、下記のようなマーケットプレイスを

使った詐欺が増えてきたからだと思います。

http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20170428-OYT8T50008.html

 

ここ1、2年は副業としてのアマゾン出品が認知されてきたので、

新規出品者がどんどん増えてきています。

新規出品者の中には、アマゾンや物販業に慣れていない方も多く、

規約違反商品を普通に出品している人もいます。

 

新規出品者の増加により、アマゾンの信用を落とすような詐欺行為、

質の悪い商品の販売、偽物商品の販売などが横行しているので、

アマゾン側も対策に乗り出したということでしょうか。

出品調査以外にも売上金からの引当金設定など

新規出品者をふるい落としにかかっているようにも見えます。

 

 

昨今はアマゾン側の対応が厳しくなっていますが、

これは今まで無法地帯だったものが、取り締まりを厳しくして、

ルール違反で稼いでいる悪徳業者を締め出す狙いがあると言えます。

 

しかし、アマゾンは稼げる出品サイトであることは変わりません

むしろ、初心者にとってはこれからがチャンスと言えます。

参入ハードルが上がった分、参入後に手にする果実の取り分が増えています

 

取り締まりが厳しくなっていますが稼ぐ方法は何も変わっていません。

今まで通り、商品リサーチを繰り返して、稼げる商品を見つけていけば、

1日1時間の作業で月収85万円を稼ぐのは夢ではありません。

 

 

ルールを守って、稼ぐ基本を身に着ければ、

今後もアマゾンは稼げるツールであり続けるでしょう。

 

ここまで書いたら思ったよりも長くなったので、

私が2回の出品調査を受けた経緯は次の記事で説明をします。

 

もし、出品調査でお悩みの方は問い合わせからご連絡をください。

事態は急を要しますので、24時間以内に必ずご返信をします。

その他、スカイプ音声でも相談しますので、

一人であれこれ悩まずにお気軽にご連絡ください。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

↓下記の記事も参考にしていただければ幸いです。

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 石崎 悟司

    トーマス様

    こんにちは。
    メルマガを登録させて頂いております 埼玉県在中 30代男性 今年から専業になった石崎と申します。

    早速ですが、
    本日、初めてamazonから「要ご対応:出品調査のご連絡」のメールを受信し
    冷や汗を書きながらメールを書いております(汗

    経験豊富なトーマス様よりアドバイスを頂けないかと思い連絡させて頂きました。

    商品は中国輸入品です。

    対応方法につきましては、記事で記載してある通り「請求書」を代行業者へ発行依頼をするつもりです。
    そこで、いくつか疑問点がありましたので、アドバイス頂ければと思います。
    ①「出品調査」ではアカウント停止のリスクはあるのか、それとも該当商品のみか
    ② ネットで調べると「真贋調査」という物があるらしいのですが、別物ですか。
    ③ 7日以内となっていますが回答スピードで心証は違うのか
    ④ 価格情報は削除することができるとありますが、しないほうが良いか。

    より確立を上げるため、アドバイスを頂ければ幸いです。

    ※トーマス様の本記事で出品調査に至った経緯を次の記事にて、とありますが
    どちらになりますか? 

    それでは失礼いたします。

    • By Thomas55

      >石崎さん

      こんにちは、ご連絡をありがとうございます!
      出品調査はミスると大惨事になるので慎重に対応をしていきましょう。

      >①「出品調査」ではアカウント停止のリスクはあるのか、それとも該当商品のみか
      詳細がわからないので具体的な話はできませんが、アカウント停止は重大な規約違反を繰り返した場合になります。
      何が原因で出品調査をされるかによりますので、規約違反の疑いがあって出品調査をされていて、規約違反をしていれば、アカウント停止になることもあります。

      >② ネットで調べると「真贋調査」という物があるらしいのですが、別物ですか。
      別物です。真贋調査はブランド品の真贋をチェックする調査になります。

      >③ 7日以内となっていますが回答スピードで心証は違うのか
      回答スピードは当然心証に影響します。
      アマゾンで普段接しているのはテクニカルサポートですが、出品調査はアカウントマネージャーという別の部署の方になり、とても怖い方々です。
      疑いを晴らさないと状況は悪くなる一方です。

      >④ 価格情報は削除することができるとありますが、しないほうが良いか。
      アマゾン側にとって価格は調査対象ではないので消していいと思います。

      それでは、出品調査をしっかりと乗り切りましょう^^

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK