メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

2018年版 アマゾンヤフオクで売れる商品ページの作成方法とポイント

2018年版 アマゾンヤフオクで売れる商品ページの作成方法とポイント

こんにちは、トーマスです。

今回は売れる商品ページを作成する方法と

注意するポイントについて説明をします。

 

今回の記事は、

ヤフオク中国輸入やアマゾンOEM出品を考えている方、

既に商品ページを作成しているけど

商品がなかなか売れないという方におすすめの記事になります。

 

アマゾンやヤフオクでは商品ページの作り込みにより

売行きが圧倒的に変わってきます。

 

この理由は両者が商品の実物を見ることができない

ネット通販だからです。

 

実物を手に取ることができないため、

商品の写真や商品説明でセールスポイントを伝えることで、

お客さんが探している商品かどうかが分かるため、

情報が伝わらない商品ページでは、

いくら商品が素晴らしくても売れません。

 

中国輸入ビジネスで取扱う商品は

誰も知らないノーブランド品なので、

こちらからお客さんに積極的に説明して、

商品についてわかってもらう必要があります

 

もし、これがソニーやルイ・ヴィトンのような

スーパーブランドの商品であれば、

商品名や型番情報を書いておけば、

お客さん自身が商品について調べてくれます。

 

この理由は、

上記のブランドが『認知』されているからです。

 

一方、

中国輸入の商品は『認知』されていないため、

効果的に商品情報を伝えないと、

結果として売れていきません。

 

このため、商品情報を伝えるために、

商品ページを作り込んでいきますが、

同じ商品でも商品ページで差別化を図ることができます

 

今回は売れる商品ページを作るポイントと

その方法について説明するので

最後までお読みいただければ幸いです。

 

売れる商品ページって何?

まず、『売れる商品ページ』について考えてみましょう。

売れる商品ページとは、

『ページを見たお客さんが高い確率で商品を購入する商品説明ページ』になります。

 

アクセス数に対する購入者数を『購入転換率』と言います

アクセス数とはページにアクセスした人、

つまり商品を見たお客さんになります。

 

購入転換率が高いということは、

  • その商品を探している人(見込み客)が見つけやすい
  • 商品の機能や特徴、セールスポイントを効率的に伝えている

ということになります。

 

上記の2点を満たしたページが売れる商品ページであり、

この目標を達成するためにページを作り込んでいきます。

 

勘違いしやすいことがありますが、

商品の見込み客にセールスポイントをアピールすれば、

商品価格にかかわらず購入転換率が上がっていきます。

むしろ、価格競争に巻き込まれなくなります

 

 

ここで商品ページの作り込みについて、

実店舗で例えてみましょう。

 

作り込みが甘い商品ページというのは、

店の奥の棚に商品が無造作に置かれている状態です。

↓この中で目的の商品を見つけるのはムズカシイ・・・

 

商品説明のためのバナーもなく、

親切な店員さんもいません。

このような商品に対してお客さんがわかるのは

『値段』と『外見』になります。

 

しかも、店の奥に無造作にあるため、

お客さんの眼に触れにくいです。

幸運にもお客さんの眼に触れたとしても、

商品の使い方やセールスポイントが分かりません。

 

お客さんがこのような商品を買う理由は、

『まぁ、よくわからないけど、安いから買うか』

という感じです。

 

このため、商品ページの作り込みが甘いと、

他商品よりも値段が安くないと購入転換率が上がりません。

 

言い換えると、

価格競争に巻き込まれてしまうために、

利益率が悪くなってしまいます。

 

 

一方、

作り込まれている商品ページの商品と言うのは、

店頭の一角に特別コーナーが設けられていて、

目立つようにライトアップされています。

 

商品のセールスポイントが

わかりやすく大きな字で垂れ幕に書かれ、

商品について説明してくれる親切な店員さんがいます。

 

商品が目立つ場所にあれば、

多くのお客さんに見てもらえます。

お客さんが垂れ幕を見れば、

自分が探している商品かどうかすぐにわかります。

 

もし、親切な店員さんに商品の細部まで説明されて、

自分の探している商品であった場合はどうでしょうか

 

人は欲しい商品であれば買います。

その商品がまさに自分の欲しい商品であれば、

値段をあまり気にしません。

 

特に他の類似品より価格が20%~30%しか変わらなければ、

高くても気にせず購入します。

私は買ってしまいます。

 

これが商品ページを作り込むことにより、

ライバルよりも値段を高くしても、

買われていく理由になります。

 

商品の売行きは商品ページの作り込みにかかっている

といっても過言ではないので

商品ページの作成に時間をかけていきましょう。

 

売れる商品ページを作るポイント

商品ページを作り込むためには以下の点を整理しておきます。

  • 商品のセールスポイント
  • 商品を売るターゲット層

これらを一つ一つ見ていきましょう

 

商品のセールスポイント(加筆)

商品が売れるためには、

セールスポイントが最も重要になります。

 

セールスポイントとは、

お客さんの悩みを解決する商品機能になります。

 

お客さんが商品を買う理由は、

その商品を所有することで生活が便利になる、

あるいは、現状の悩みが解決されるというものです。

 

例えば、

スマートフォンアクセサリーの

モバイルバッテリーであれば、

スマホの電池消費が早いため、

外出中に電池切れが起こるという悩みがあるため、

外出時でも充電ができるようになる

モバイルバッテリーを購入します。

 

お客さんはモバイルバッテリーという

重い金属の塊にお金を払うのではなく、

セールスポイントである

持ち運べる充電器という機能にお金を支払います。

 

商品を売る際にセールスポイントについて、

これでもかっていうくらい強調するので、

仕入れる商品を選ぶ際に、

セールスポイントについて

自分自身で整理をしておきましょう。

 

商品のターゲット層

商品を販売する際は、

その商品を欲しがるお客さん(ターゲット層)を

明確にすることが重要です。

 

その商品がお客さんの悩みを解決するものでも、

お客さん自身がそのこと(この商品が悩みを解決すること)について

理解しなければ、お客さんは買いません

 

このため、

セールスポイントを効果的に伝えるためには、

ターゲット層に合わせた表現方法や

商品画像を使う必要があります。

 

例えば、

ハローキティーのスマホケースを販売する時は

ターゲット層が10代~20代の女性であるため、

説明には絵文字を使い、

商品写真も可愛さを前面に押し出した方がいいでしょう。

 

一方、お香や仏壇では

ターゲット層は70代~80代の男女であるため、

可愛さを前面に押し出しても、

違和感しかありません。

 

商品情報を効果的に伝えるためには、

ターゲット層を明確にしておきましょう。

 

究極までターゲット層を明確化すると、

ターゲットを『職場の右斜め前に座っている三田さん』という

個人レベルまで絞り込むことができます。

 

ここまで絞り込めば、

『三田さん』に伝わりやすい表現が想像できるでしょう。

個人レベルまでターゲットを絞り込んで、

三田さん以外に売れないということはなく、

むしろ売行きが伸びていくから不思議です。

 

出品する商品が

『誰』の『どのような』役に立つのかということを考えると、

自然とそれらを強調するページを作ることができるので、

セールスポイントとターゲットは明確化しておきましょう。

 

売れる商品ページを作る方法

売れる商品ページを作る方法以下の通りです。

  • 見込み客が検索しそうなキーワードをタイトルに含める
  • 目を引くサムネイル画像を使う
  • 商品説明をランディングページ(LP)風にする

これらを意識していけば

売れる商品ページ=購入転換率が高いページを

作成することができます。

順番に説明をしていきます。

 

見込み客が検索しそうなキーワードをタイトルに含める

『欲しい商品を買う』という原則がありますが、

逆に言えば『欲しくない商品は買わない』ということです。

 

このため、

商品ページには見込み客が来てくれば、

購入転換率が高くなりますが、

見込み客以外が来ても購入転換率は上がりません。

 

商品ページに見込み客を集めるためには、

『見込み客がその商品を探すときに検索するキーワード』

商品タイトルに含める必要があります。

 

詳しくは下記の記事を参照ください。

⇒ヤフオク キーワードランキングから集客できる商品タイトルをつける

⇒ヤフオクで商品が売れないと悩む方へ 商品ページで落札率は変わる?

 

見込み客の検索にヒットして、

検索結果一覧に表示されるような

キーワードをタイトルに含めることが、

売れる商品ページを作るための第一歩になります。

 

目を引くサムネイル画像を使う

キーワードをタイトルに含めることで

あなたの商品が見込み客の検索結果一覧に

表示されたとしましょう。

 

次に必要なことは、

検索結果一覧からあなたの商品ページに来てもらうことになります。

 

検索結果一覧ではサムネイル画像と

タイトルだけが表示されています。

 

この一覧の中で、

あなたが目を引くサムネイル画像を使用していれば、

お客さんがページに来る確率が高くなるでしょう。

 

サムネイル画像は見栄えの良い商品全体像、

あるいは商品と一緒にセールスポイントが

大きな文字で書かれた写真を使いましょう。

 

綺麗な商品写真を撮影する場合は

スタジオに依頼したり、

物撮りキットを使って撮影したりします。

 

また、Microsoft Power Pointを使えば

商品画像に説明を加えることができます。

ただ、この作業は時間がかかるため、

ある程度自分で経験を積んだ後は外注をしていきましょう。

 

サムネイル画像の注意点ですが、

アマゾンではサムネイルに白地背景の商品画像しか使用できません。

しかし、ヤフオクや楽天、他のショッピングサイトでは

有効なので積極的に使用していきましょう。

 

商品説明をランディングページ(LP)風にする

LPとは、写真やグラフ、説明文を使って、

商品を売り込む特徴的なページになります。

 

グーグル検索などで、

上部にあるPPC広告をクリックすると飛ばされる、

縦に長く、画面スクロールを続けても

なかなか終わりが見えないあのページです。

 

しかし、LPの縦に長いページというのは

商品を売り込むために最適な形になっています。

 

説明を順序良く、1ページにまとめてあるため、

お客さんが上から下まで読めば、

セールスポイントがスルスルと入ってきて、

読み終わる頃には欲しくなっているという

魔法のページになります。

 

下記がランディングページがまとめられたサイトなので

参考にしてください。

http://lp-web.com/

 

ランディングページでは

商品のセールスポイントが書かれた『画像』を、

順序良く並べていきます。

 

具体的な流れは以下のようになります。

  • 日常の具体的な悩み・問題
  • 問題を放置しておくと恐ろしいことに・・・
  • しかし、大丈夫!あなたの悩みを解決するのがこの商品!
  • この商品を使えば、こんなに簡単に悩み解決!
  • 悩みを解決するとこんなに明るい未来が待っています!
  • 口コミレビュー、体験談

お気づきの方もいると思いますが、

これはテレホンショッピングと同じ流れになります。

 

テレホンショッピングでは、

最終的に視聴者の購買意欲を刺激して、

電話を手に取らせることがゴールなので、

機能はランディングページとまったく同じです。

 

テレホンショッピングは

セールステクニックが随所にちりばめられているため、

商品を売るページを作る際に非常に参考になります。

 

ヤフオクやアマゾンでのLP風の商品説明の構成は、

メルマガなどで時々配信をしています。

もしご興味があれば、

下記のリンクから登録をお願いします。

メルマガ登録

 

まとめ

・売れる商品ページは購入転換率が高いページ

売れる商品ページを作成するために、商品のセールスポイントとターゲット層を明確にしておく

・見込み客が検索しそうなキーワードをタイトルに含めて、目を引くサムネイル画像を使用し、LP風に商品説明を作成すれば購入転換率が高くなる

 

以上が売れる商品ページを作成するためのポイントと

作成方法になります。

 

ネット通販では商品ページの情報が

購入の決め手になるため、

商品ページを作り込んでいきましょう。

 

下記の記事も商品ページ作成に役に立つ記事なので、

参考にしていただければ幸いです。

 

⇒ヤフオク キーワードランキングから集客できる商品タイトルをつける

⇒ヤフオクで商品が売れないと悩む方へ 商品ページで落札率は変わる?

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK