メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

副業を始めるための10ステップ 第2ステップ 想像力の翼を養おう

副業を始めるための10ステップ 第2ステップ 想像力の翼を養おう

こんにちは、トーマスです。

 

今回は副業を始めるための第2ステップということで、

自分でビジネスをするために必要な『想像力』について説明をします。

 

サラリーマンの仕事は決まったことが多いですね。

あなたには上司がいて、先輩がいて、マニュアルがあるので、

仕事について深く考える必要がないかもしれません。

 

事実、私がサラリーマンをしていた時は

自分なりのアイデアで仕事を改善するよりは、

既存のマニュアル通りに仕事をこなすことが求められていました。

 

一方、あなたが副業を始めると、

あなたは自分だけのビジネスを始めることになります。

 

ビジネスではアイデアを閃く『発想力』

アイデアを実行する『行動力』が求められます。

今回は前半の『発想力』について説明します。

 

それでは見ていきましょう。

 

ビジネスはアイデア勝負

サラリーマンは単調な毎日、マニュアル化された仕事手順、

会社の文化、世間からの束縛にがんじがらめにされています。

 

そのため、目を輝かせて思いついたことを試していた子供は、

大人になってサラリーマンとして仕事を続けると、

目が濁っていき、決まったルーチンワークしかできなくなります。

 

ある地方銀行大手一角の友人の言葉を借りれば『

会社員生活とは40年かけた※ロボトミーである』と言えるでしょう。

※この手術を受けると感情的な表現が一切なくなる

⇒https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E5%A4%96%E7%A7%91

 

一方、自分だけのビジネスでは発想力が求められます。

あなたが行う輸入ビジネスでは以下を考えることになります。

  • 効率的なリサーチ方法
  • 仕入れる商品の種類
  • 商品の仕入れ方法
  • オリジナル商品の作成などなど

これらはメンターを参考にすることができますが、

全く同じ輸入ビジネスというものは存在しないので、

あなた自身でビジネスについて考えなければいけません。

 

ビジネスについて考え、アイデアを次々と思いつければ、

様々なビジネスチャンスがあなたの前に現れます

 

ビジネスはゲームのように残機があるわけではなく、

会社のような減点評価がないので、あなた自身が行動した分だけ、

チャンスを掴むことができます。

 

言葉を変えるとビジネスとはアイデア勝負と言えるでしょう。

 

お金を稼げる(かもしれない)手段は無限にある

ビジネスとはお金を稼ぐアイデアを実行することですが、

この儲けの種、種から稼いでいく手段がビジネスアイデアになります。

 

儲けの種や稼ぐ手段は無限にあります。

基本的に1つのビジネスアイデアで上手くいくことは皆無で、

成功者は必ず無数の失敗を繰り返しています。

 

革命は、成功するまではすべて失敗の連続である。

ローザ・ルクセンブルク

(19世紀末~20世紀初頭ドイツの政治理論家、

女性哲学者、革命家、1871~1919)

失敗の連続で凹むかと思いますがよく考えてみてください。

ビジネスアイデアが100分の1で成功すると仮定すると、

アイデアを100個実行すれば必ず成功すると言い換えることもできます。

 

このため、まずはビジネスアイデアを生み出す発想力が重要であると言えます。

 

発想力っていうけど、、、具体的にはなに?

このように書くと、『私は発想力がないからダメだ・・・』と

思うかもしれませんが心配無用です。

 

むしろ、このようにネガティブに考えるのは、

サラリーマン生活に毒されているためなので、

まずはマインドを変える必要があるでしょう。

マインドをポジティブに変える方法は第3ステップで解説します。

 

話が逸れました。

発想力というと何か特別な能力のように思うかもしれませんが、

これは誰にでも備わっているものです

 

発想力というのは『何かを考え付く力』というものになります。

この何かを考え付く力が暴走している人を『発想力がある』とか

『クリエイティブ』と言っています。

 

『発想力』の具体的な例

では『発想』の具体例を挙げます。

Q:今日、夕飯を作るための食材を買いにどこに行くか?
A:近所のスーパー、八百屋、業務用スーパー、イオン、百貨店.etc

 

発想とはこの程度のものです。

クリエイティブな人は『養豚場』『動物園』というかもしれませんが、、、、

 

ある課題に対して様々な解決案を提示できれば発想力があると言えます。

簡単ですよね。

 

発想で一番大事なものは『否定をしないこと』

しかし、上記だけでは『発想力』の中で最も重要なことを言っていません。

発想力において重要なことは、

思いついたことに対して『否定をしない』ことになります。

誰でも課題に対して複数の解決策を提示できます。

 

しかし、サラリーマン生活に毒されていると、

自分で思いついた解決策を『馬鹿な事』とばかりに

自分で無意識に捨ててしまっています。

 

実はこれは非常にもったいないことをしています

なぜなら、解決策(アイデア)は鍛えることができるからです

 

生まれたばかりのアイデアは役に立たないかもしれませんが、

そのアイデアを深堀りしていくと進化していきます

 

まるで、刀鍛冶が日本刀を鍛えるように、

生まれたばかりの無垢なアイデアは深堀りという槌で叩いていくと

課題を両断するアイデアに鍛えられます。

 

要するに、ひとたび思いついたアイデアについて、

課題に対して有効かどうかについて考えると、

そのアイデアはさらに練りこまれていきます。

 

アイデアを深堀する:輸入転売ビジネスの例

ここまで、抽象的な話ばかりをしているので、

発想力を輸入転売ビジネスで生かす例についてお話しします。

 

例えば以下の課題を考えましょう。

課題:取扱う商品

例えば輸入ビジネスで取扱う商品に悩んでいたとします。

考えて考えて思いついたアイデアはこんな感じになります。

 

ファッション系雑誌を見るのが

好きだからファッションにしよう!

 

これは立派な解決策ですね!

後はこれを深堀りして鍛えていくことになります。

 

アイデアから深堀りする

Q:ファッションと言っても色々ある
A:ファッションの中で売れているのはレディースだ

Q:レディース系ファッションと言っても色々ある。
A:アパレルはサイズがたくさんあるからアクセサリーに使用

Q:アクセサリーの中で具体的に何を取り扱う?
A:バッグは送料が高い、時計、財布系は軽くて送料が安い。
  リサーチしても時計、財布はたくさん売れているからコレだ!

 

 

いかがでしょうか。

こんな感じに、思いついたアイデアについて深掘りしていけば、

いつかはアイデアが生まれますね。

 

ビジネスでは行動力が大事と言われますが、

行動するためのネタを思いつく想像力も大事になります。

想像力の翼をはばたかせて思いついたことは

どんなことでも大事にしていきましょう。

 

ここまで読んで戴きありがとうございました。

 

↓下記の記事とメルマガも参考にしていただければ幸いです。

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK