メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスガイドの無料ダウンロードはこちら!

中国輸入 作業に疲れた時に読む 無用の用の効能がスゴイ

中国輸入 作業に疲れた時に読む 無用の用の効能がスゴイ

こんにちは、トーマスです。

今回は輸入ビジネスの作業に疲れた時に読む話『無用の用の効能』になります。

 

中国輸入ビジネスは仕組化すれば、どんどん時間ができていきますが、

ビジネス初期は作業時間が稼ぎに比例します。

 

加えて、副業としてビジネスを始めたということで

あなた自身の副業で稼がなければいけない理由があることでしょう。

 

そんなわけで輸入ビジネス初期は激しく作業することになりますが、

そこはあなたも私も人間、作業していくと疲れてしまいます。

 

今回は作業で疲れた時に私自身がどういうことをしていたか

ということについてお話していこうと思います。

まぁ、作業で疲れた時にでも茶でもしばきながら読んでください。

 

どうでもいいですが『茶でもしばき~』というくだりを

漢字変換したら『茶でも司馬徽』と変換されました。

三国志に出てきそうな名前ですね。

 

閑話休題

 

それでは以下をお読みください。

 

輸入ビジネスの作業で疲れた時はどうする?

作業に疲れたら休みましょう

これが一番です。

 

輸入ビジネス初期はとにかく焦るかもしれません。

商品リサーチや商品の出品、発送等などを様々な作業を

それこそ睡眠時間を削ってでもやっていくかもしれません。

 

出社前に作業、通勤電車で作業、昼休みに作業、会社の残業後に作業、

というように作業尽くしです。

当然疲れてしまいます。

 

昔は私も疲れていました

私はサラリーマン時代に東京の品川付近の会社に勤めていて、

いつも埼玉県にある借り上げ社宅から電車で通勤していました。

 

通勤に使っていた電車は悪名高い埼京線で、通勤の時間帯は電車内で

手も動かせないくらい混雑しています。

特に夏場は熱気と臭気と混雑で混沌とした修羅場となり、

毎日どこかでリアルファイトがあるといわれています。

 

私はこの埼京線に片道1時間乗って通勤していました。

サラリーマン生活に嫌気がさして、副業を始めたのですが、

すぐに会社を辞めて通勤しなくても良くなるわけではありません。

何とか1日でも早く会社員から自由の身になりたいと、

毎日欠かさず作業をしていました。

 

埼京線でも、わずかに片手でスマホを操作することができるので、

通勤電車内で人波に押されながらアマゾン、ヤフオクの商品リサーチをしていました。

 

しかしです、想像してみてください。

 

ギュウギュウ詰めの電車の中でスマホを顔の高さまで上げて操作をする。

これは周囲の人からすれば、顔のすぐ近くでスマホの操作されることになり

とても邪魔くさい行為になります。

 

そんなわけで周囲の人はイライラしながら私を凄まじい目で睨む、

私は早く自由の身になるために、プレッシャーに負けじと鬼の形相で

スマホを操作する。

 

まさに修羅場です、イライラの集積場でした。

本業でも毎日夜9時まで残業をしなければならなかったので、

私は急速に疲れていきました。

 

疲れが溜まっていくと、仕事のミスが多くなり、

日常のちょっとしたことでもイライラしてしまうようになります。

 

職場の同僚や友達と些細なことで衝突するようになってしまいました。

副業もミスが多くなり作業の効率が明らかに落ちていきました

 

休みたいけど早く稼ぎたいという危機感があるため休めない⇒

でも疲れているからうまく作業ができない⇒さらに疲れていく⇒・・・・

こんな悪循環にはまってしまいました。

 

疲れた時に出会った言葉

ある時に雑誌の記事で下記のような見出しがありました。

『良い休息が良い仕事を作る、無用の用の効能』

その記事を読んで衝撃を受けました。

休日にしっかりと身体と頭をリラックスすることで余裕が生まれる

 

余裕が出れば仕事で良いアイデアが浮かんでくる。

その結果、作業効率が上がり、休みなしで仕事するより

仕事が捗るということになります。

 

ここで引用される『無用の用』という言葉ですが、

中国の思想家『老子』によることわざになります。

世の中には一見役に立たないものでも、役に立たないものはない。

車輪の軸受け、容器、蔵など、それ自体は『無』だが、

その『無』ゆえに用を成すということわざです。

 

休日には作業が『無い』ですが、その休日のおかげで

余裕が生まれて仕事が捗るということになります。

一見、作業の役に立たない休日が、実は作業の役に立っている

むしろ、作業を捗るために一役買っているということになります。

 

無用の用の効能を体感せよ!

その記事を読んで以後、私は週に1日は完全に休みの日を設けています

この時に私の好きな自転車で遠出をしたり、

友達と昼間から酒を飲んだりしています。

 

こうすることで私の頭の中から強制的に仕事をシャットアウトして、

完全にリラックスした状態にします。

休日の私の頭の中は、仕事に関しては『無』になっています。

 

こうすることで『無』になった頭で、次の日から仕事に取り組むことができます。

一度リセットした状態の頭で仕事のことを考え始めると、

それまでは考えつかなかったようなアイデアが閃くようになりました。

実際に、こういった時に商品リサーチを自動化する方法や

売れそうな商品を閃いています。

結果として、収入が右肩上がりで多くなっていき、

作業時間は右肩下がりで短くなっていきました。

 

これも無である休日が生み出したものになります。

もし、疲れている方、頭の中が煮詰まって良いアイデアが出てこない方は

何も考えずに強制的に休んでみてください

長期的に見れば休みを取った方が、きっと物事がうまくいきますよ^^

 

 

いかがでしょうか。

休日という『無』が生み出す『有』の効能を紹介しました。

休日にしっかりと休んだ方が仕事が上手くいくこと

ビジネスの世界では常識ですが、輸入ビジネスでも例外ではありません。

作業に追われて疲れている方など、是非休んでみてください。

 

『いや、休んでいる暇なんてない!』という方も是非お試しください。

休日の日中にリラックスできるけど、その夜に一層焦って、

危機感を持って仕事に取り掛かれるかもしれません(笑)

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

メルマガ登録フォーム



輸入ビジネスマニュアルの無料ダウンロードはこちら!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK